お問合せ先はこちら 03-5298-5299

サポートサービスアーカイブ

ツクモのサポートブログ

PC組立代行キャンペーン【期間限定:7/5(木)~7/31(火)】

PC組立代行キャンペーン
▲PC組立代行について詳しくはこちら

「自分だけのPCが欲しいけど、パーツから組み立てるのは不安」
「自作パソコンを作りたいけど、時間がなくて作れない」
「組みあがった状態から、PC自作について勉強していきたい」

そんなお客様にオススメなのがツクモのPC組立代行のサービスです。 専門店ならではの知識豊富なツクモのスタッフがお客様のPCを組み立てます。

さらに、ツクモならではのオプションとして「ストレステスト24」もご用意しております。 追加料金3,000円(税別)で、メモリテストを24時間、ストレステスト(総合的な負荷テスト)を24時間の合計48時間の連続動作テストを行ないます。

最近のメモリは、通常のテストを2回完了すればまずは大丈夫ですが、まれに5回以上テストを実行しないと発見されないようなエラーもあります。 パソコンを長時間稼働させるご予定のお客様には「ストレステスト24」をおすすめいたします。

そんなPC組立代行のサービスが、ツクモでPCパーツ3点以上同時購入のお客様向けにキャンペーン実施中!この機会にぜひご利用下さい!

PC組立代行: 料金9,980円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 10,480円(税別)

※PC簡易組立代行は対象外となります。

PC組立代行のお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

最新HDD事情あれこれ Part.1

ドライブの進化といえば、SSDの進歩が著しいのが印象的ですが、HDDも目立たないながらも新しくなっている変更点があります。ちょっとしたことでわかりにくいですが、 取り付けや動作そのものにも関わる内容をご紹介いたします。

●底面のネジ穴の位置が異なるHDD

最近の大容量HDDでは底面のネジ穴の位置が従来のHDDと異なる場合があります。 この画像では赤丸でそれぞれのネジ穴の位置を示していますが、最近の大容量HDDではネジ穴の間隔が従来のHDDと比較して広くなっています。 理由は不明ですが、プラッターと干渉しない位置に変更されたものと推測され、ネジ穴の位置が変更されたことで、ケースによっては取り付けができない場合もあります。

それは、HDDの下からネジ止めして固定するケースです。ひとつ例を挙げてみてみましょう。

こちらの画像はHDDを下からネジ止めして固定するケースのHDDマウンターです。 右側の従来のHDDでは赤丸で示したようにゴムとネジ穴の位置がぴったりあっていますが、 左側の最近の大容量HDDでは赤矢印で示したようにゴムの位置とネジ穴の位置があっていません。 幸いなことに、このケースのHDDマウンターではゴムをネジ穴の部分に付け替えることができますので、付け替えて固定するようにします。

このケースのHDDマウンターのように、HDDを固定するネジ穴が複数使用できればHDDに応じて柔軟に取り付けができますが、 ケースによっては従来のHDDのネジ穴の位置だけでしか固定できないこともあります。 仕方なくHDDをネジ2本だけで固定するような場合、固定が不十分でHDDの不具合や破損に繋がる可能性もあります。

大容量のHDDを導入する場合には、手持ちのケースが対応しているかどうかを事前に確認するようにしましょう。 これはPCケースだけではなく、HDDケースや、NASにも共通して言える注意点ですので、大容量HDDのご購入の前には取り付ける側の固定方法をよく確認するようにしましょう。

「CPU取付サービス」はご購入と同時のご依頼がおトク!

「CPU取付サービス」キャンペーン

主にIntelのCPUで採用されているLGAタイプのCPUソケットですが、現在のPCパーツの中で最もデリケートな部分のひとつがマザーボードのCPUソケットです。

CPUの取り付けに失敗してピンを曲げてしまうと、パソコンが動かないどころか、マザーボードメーカーの保証も受けられないという、とても悲しい事態になってしまいます。

あらかじめツクモ延長保証へのご加入があれば、補償限度額まで修理費用を減額できますが、「CPU取付サービス」ならツクモのプロスタッフがマザーボードにCPUを取り付けた状態でお渡しするため、取り付けに自信のない方におすすめのサービスです。

その「CPU取付サービス」がCPUとマザーボードの同時購入時のご依頼で下記のとおり半額となります。パソコン自作をご検討中の方はぜひご利用ください!

CPU取付サービス(CPU・マザーボード同時購入時)料金490円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 740円(税別)

※購入時のご依頼ではない場合、上記金額の2倍の料金となります。
※起動しての確認は行ないません。起動確認が必要な場合には、「自作前の起動診断サービス」をご利用下さい。

CPU取付サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

tsukumo160705

ツクモのサポートブログ

パワーアップのおすすめ!

パワーアップキャンペーン

パソコン本体の新規ご購入と同時にパーツ・周辺機器のご購入・増設をご依頼いただきますと、 工賃半額でお取り付けを行なう「パワーアップのおすすめ!」を実施しています。 パソコンの新規ご購入や買換えをご検討中のお客様におすすめのお得なキャンペーンです。

対象となる増設の点数に制限はありません。 何点ご依頼いただいても、取付けの工賃が一律半額となります。 パソコン本体ご購入の機会にぜひご利用下さい!

パーツ・周辺機器取付けサービス: 料金1,490円(税別) より
(ケイタイdeポイント未入会の場合 1,740円(税別) より

※パーツの「交換」は、パソコンの保証対象外となりますので、取付けサービスの対象外となります。
※ツクモ各店の店頭でご購入いただいたパソコン本体が対象となります。
※BTOパソコンの構成変更は対象外となります。

CPU取付サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

Windows 10あるあるトラブル

今回はWindows 10で比較的お問い合わせの多いちょっとしたトラブルの対処方法のお話です。Windows 10では、Windows 7では気にしなくても良かった部分でも、変更が加わっているために動作に影響がでてしまう部分があります。そんなWindows 10での変更に由来しているちょっとしたトラブルの対処方法をご紹介します。

●何はともあれWindows Update

Windows 10のWindows Updateは全自動で行われますが、買ったばかりの状態ではインストールする更新プログラムも多く、 特にアップグレードしたばかりの状態ではWindows Updateからのデバイスドライバの更新もあります。 Windows Updateによってパソコンとしての安定度もかなり向上しますので、Windows 10になった後は手動でWindows Updateをかけておくようにしましょう。

Windows 10を使い始めたら、まずはWindows Updateをしておきましょう。

●何はともあれ再起動

Windows 10で「動作が重たい」「ネットワークに繋がらなくなった」「音が出なくなった」という症状になったら、 Windowsの再起動をしてみましょう。 全自動になったWindows Updateで更新プログラムがバックグラウンドでインストールされているときにこのような症状が起きることがあり、 再起動をかけると改善されます。 (これはWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンでも同じように起きることがあります。)

Windows 10で何か動きがおかしいと思ったら、Windowsの再起動をしてみましょう。

※Windows 10の標準設定だと高速スタートアップ機能の影響で「シャットダウン」では効果がない場合があります。「再起動」するようにしましょう。

●何はともあれ高速スタートアップ無効

シャットダウンをしたのに 「電源が切れない」 「パソコンのファンが動いたままになっている」 「USB機器の電源が切れない」症状や 「電源を入れると途中から画面が映らない」 「起動後、繋いでいる機器が認識されない」 という症状になったら、高速スタートアップを無効にしてみましょう。 高速スタートアップが有効な場合はシャットダウンをしても、内部処理的には休止状態(ハイバネーション)のような処理 が行なわれるため、 ご利用のプログラムや周辺機器によって上記の症状になることがあります。

仮に、使っているプログラムや周辺機器の中から原因を特定できても、使わないようにすることは簡単ではありません。そのため、高速スタートアップを無効化することでWindows 7と同様のシャットダウンと起動にするのが良いでしょう。

シャットダウンしたあとの動きがおかしい場合には、高速スタートアップを無効にしてみましょう。

■高速スタートアップを無効にする方法

[1] タスクバーにあるスタートボタンを右クリックして、メニューの「電源オプション」をクリックします。

「電源オプション」をクリック

[2] 「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

「電源ボタンの動作の選択」をクリック

[3] 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック

[4] 「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外して、 「変更の保存」をクリックして閉じます。

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す

以上の手順で、高速スタートアップを無効にすることができます。

静音化サービス キャンペーン【期間限定:6/4(土)~6/30(木)】

静音化サービス
▲静音化サービスについて詳しくはこちら

夏になると気温も上がってきて、パソコン本体内部に搭載されている冷却ファンの回転数も上がり、動作音が気になりやすくなってきます。 加えて、長年使っているパソコンで冷却ファンの回転部分が消耗していたりすると、 回転数が上がると動作音がうるさくなり交換したくなることもあると思います。 そんなときに役に立つのが、CPUファンやケースファン、電源ユニットなど冷却に関わるパーツを交換する静音化サービスです。

その静音化サービスが期間限定のキャンペーンを実施中です。静音化サービスをご依頼いただくと、 通常はご依頼のパーツが2点目以降1,000円引きのところ、 期間限定で2点目以降1,500円引きとなります。

ファン関係のほかHDDやケースの交換も可能で、どこの部品を交換すればより静かになるかなど、 無料相談も実施中ですのでこの機会にぜひご利用下さい。

※静音化サービスはノートパソコンのファンなど市販パーツで部品交換ができない部分にはご利用いただけません。

静音化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

Windows 7のWindows Updateが進まない [2016年5月版]

【20161122 更新】 こちらの内容ではすでに効果がなくなっています。下記リンクより最新の情報をご確認ください。
Windows 7のWindows Updateが進まない [2016年11月版]

新しくWindows 7のパソコンを買ったり、Windows 7のパソコンをリカバリをしたり、自作パソコンで再インストールしたり、 そんなときにWindows Updateでこれまでの更新プログラムを入れることになります。 ところが、環境によっては更新プログラムの検出に1時間以上もの時間がかかることがあります。 今回は更新プログラムの検出に時間がかかる場合の対処方法のご紹介です。

毎月の更新プログラムによって挙動が変わることがありますので、あくまでも現時点での対処方法となりますが、 Windows Updateの前にWindows Update Clientを更新しておくと、正常な所要時間で更新プログラムの検出ができるようになります。

下記URLから、対応したWindows Update Clientの更新プログラムをダウンロードして、インストールを行ないます。 2016年5月現在、下記URLのページはWindows 7の標準のInternet Explorer 8では表示できませんので、 あらかじめ別のPCでダウンロードしておくなど、事前の準備を行なってください。

【32bit版用】Windows 7 用更新プログラム (KB3138612)

https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=51208

【64bit版用】Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)

https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=51212

※Service Pack 1がインストールされていない状態の場合、この更新プログラムはインストールできないため、事前にService Pack 1をインストールしておく必要があります。(Service Pack 1のダウンロードはこちらから)

更新プログラムのインストールが完了したら、Windowsの再起動を行ないます。 Windowsの再起動後、Windows Updateから更新プログラムの確認を行なうと、 更新プログラムがスムーズに検出されるようになります。

 

なお、2週間前に更新プログラムのロールアップ(KB3125574)が公開されましたが、こちらをインストールする場合、 事前にWindows 7 Service Pack 1と更新プログラム(KB3020369)をインストールしておく必要があります。 また、公開されたばかりで、挙動がすべて確認できていないところがありますので、特別な事情がなければ、 上記のWindows Update Clientの更新をする方法をおすすめいたします。

tsukumo160531

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!【期間限定:6/4(土)~6/30(木)】

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!
▲超高速化サービスについて詳しくは
 こちら

SSDが登場してから年月も経ち、システムドライブにSSDを搭載したパソコンも一般的になりつつあります。 SSDはHDDと比較して、パソコンの起動速度の向上や、省電力化といったメリットがあります。

持っているパソコンのシステムドライブはHDDだけど「パソコンのHDDをSSDにして高速化したい」「SSDに交換はできそうだけど、そのあとの手順がわからない」というお客様におすすめのサービスがツクモの「超高速化サービス」です。

「超高速化サービス」は経験豊富なスタッフがSSDへの交換と、データ転送またはリカバリーまでの作業を行ないます。

そんな「超高速化サービス」がSSDを同時にご購入いただきますと料金がお得になるキャンペーンを実施中です。 交換用のSSDとしてSanDisk Extremeシリーズを同時にご購入の場合、下記価格より「さらに1,000円引き」となります。 パソコンの高速化をご検討中の方はこの機会をぜひご利用ください!

超高速化サービス: 料金8,480円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 8,980円(税別)

※メーカー製PCを分解し、ドライブの交換を行うため、メーカー保証が受けられなくなることがございます。
※その他、注意事項は ご利用規定 をご覧ください。

超高速化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

パワーアップのおすすめ!

パワーアップキャンペーン

パソコン本体の新規ご購入と同時にパーツ・周辺機器のご購入・増設をご依頼いただきますと、 工賃半額でお取り付けを行なう「パワーアップのおすすめ!」を実施しています。 パソコンの新規ご購入や買換えをご検討中のお客様におすすめのお得なキャンペーンです。

対象となる増設の点数に制限はありません。 何点ご依頼いただいても、取付けの工賃が一律半額となります。 パソコン本体ご購入の機会にぜひご利用下さい!

パーツ・周辺機器取付けサービス: 料金1,490円(税別) より
(ケイタイdeポイント未入会の場合 1,740円(税別) より

※パーツの「交換」は、パソコンの保証対象外となりますので、取付けサービスの対象外となります。
※ツクモ各店の店頭でご購入いただいたパソコン本体が対象となります。
※BTOパソコンの構成変更は対象外となります。

CPU取付サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

tsukumo160517

32bit OSでの自作はメモリ認識にご用心

日本ではWindows 7の頃から64bit OSが普及しましたが、 まだどうしても事情があって32bit OSを使うという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、IntelのSkylakeコアCPUを搭載する100シリーズチップセット搭載マザーボードには、Windows 7 32bit版はおすすめいたしません。

※100シリーズチップセット搭載マザーボードでは、Windows Vista以前のOSと、Windows 8.1と10の32bit版はサポートされていません。
※マザーボードによってはWindows 7の32bit版もサポートされていない製品もあります。

100シリーズチップセット搭載マザーボードでWindows 7の32bit版をインストールするとどんなことが起きるのか、先に確認しておきましょう。

※iGPUへのメモリ割り当てを32MBに設定した場合の表示です。自動設定の場合「1.90GB 使用可能」と表示されます。

なんということでしょう、これまで通りなら約3GBは使えるはずのメモリが 約2GBしか使用できなくなっています。 これはどうしてでしょうか。

このことについて、国内代理店に問い合わせてみたところ、チップセットの制限に由来するマザーボードの仕様のため、対策がないとのことでした。そのため、100シリーズチップセット搭載マザーボードでWindows 7 32bit版を入れようとすると、必ずこのような事態になってしまいます。

これはハードウェアの仕様によるもののため、メモリをフルに使うためには64bit版のWindowsを使う以外に方法がないことになります。

どうしてもWindows 7 32bit版で自作する必要のある場合には、HaswellコアCPUを使用する9シリーズチップセット搭載マザーボードをおすすめいたします。詳しくは店頭にてマザーボード売り場のスタッフまでご相談ください。

「CPU取付サービス」はご購入と同時のご依頼がおトク!

「CPU取付サービス」キャンペーン

主にIntelのCPUで採用されているLGAタイプのCPUソケットですが、現在のPCパーツの中で最もデリケートな部分のひとつがマザーボードのCPUソケットです。

CPUの取り付けに失敗してピンを曲げてしまうと、パソコンが動かないどころか、マザーボードメーカーの保証も受けられないという、とても悲しい事態になってしまいます。

あらかじめツクモ延長保証へのご加入があれば、補償限度額まで修理費用を減額できますが、「CPU取付サービス」ならツクモのプロスタッフがマザーボードにCPUを取り付けた状態でお渡しするため、取り付けに自信のない方におすすめのサービスです。

その「CPU取付サービス」がCPUとマザーボードの同時購入時のご依頼で下記のとおり半額となります。パソコン自作をご検討中の方はぜひご利用ください!

CPU取付サービス(CPU・マザーボード同時購入時)料金490円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 740円(税別)

※購入時のご依頼ではない場合、上記金額の2倍の料金となります。
※起動しての確認は行ないません。起動確認が必要な場合には、「自作前の起動診断サービス」をご利用下さい。

CPU取付サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!【期間限定:5/5(木)~5/31(火)】

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!
▲超高速化サービスについて詳しくは
 こちら

SSDが登場してから年月も経ち、システムドライブにSSDを搭載したパソコンも一般的になりつつあります。 SSDはHDDと比較して、パソコンの起動速度の向上や、省電力化といったメリットがあります。

持っているパソコンのシステムドライブはHDDだけど「パソコンのHDDをSSDにして高速化したい」「SSDに交換はできそうだけど、そのあとの手順がわからない」というお客様におすすめのサービスがツクモの「超高速化サービス」です。

「超高速化サービス」は経験豊富なスタッフがSSDへの交換と、データ転送またはリカバリーまでの作業を行ないます。

そんな「超高速化サービス」がSSDを同時にご購入いただきますと料金がお得になるキャンペーンを実施中です。 交換用のSSDとしてSanDisk Extremeシリーズを同時にご購入の場合、下記価格より「さらに1,000円引き」となります。 パソコンの高速化をご検討中の方はこの機会をぜひご利用ください!

超高速化サービス: 料金8,480円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 8,980円(税別)

※メーカー製PCを分解し、ドライブの交換を行うため、メーカー保証が受けられなくなることがございます。
※その他、注意事項は ご利用規定 をご覧ください。

超高速化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

tsukumo160503

バルクのHDDを増設したらパーティションの作成とフォーマットをしよう

バルクのHDDを買ったら、使う前に行なうことは何でしょうか。 動作チェックもありますが、バルクのHDDはパーティションも何もないまっさらの状態でHDDメーカーから出荷されているため、 パーティションの作成とフォーマットをしないとWindowsでは使うことができません。

バルクのHDDを使えるようにする方法、実は定番のお問い合わせのひとつです。というわけで、今回はHDDのパーティションの作成とフォーマットの手順のご紹介です。

※手順はWindows 8.1, Windows 10で共通ですが、画像はWindows 10となります
※表示される容量はドライブによって異なります

1. Windowsの「ディスクの管理」を開く

タスクバーのスタートボタンを右クリックして、メニューの「ディスクの管理」をクリックします。

2. HDDを初期化する

初めて接続したHDDの場合、下記画像のように「ディスクの初期化」ダイアログが表示されます。 2.2TB以上のHDDの場合には、GPTを選択してOKをクリックします。

3. パーティションを作成・フォーマットする

[3-1] 取り付けたディスクの「未割り当て」になっている部分を右クリックして、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

[3-2] 「新しいシンプルボリュームウィザード」が表示されたら、「次へ」をクリックします。

[3-3] まるごとひとつのパーティションとして作成する場合、ボリュームサイズはそのまま「次へ」をクリックします。

[3-4] ドライブ文字は任意の文字を選択して、「次へ」をクリックします。

[3-5] フォーマットする。すぐ使えるようにするなら、クイックフォーマットをします。

[3-6] 「完了」をクリックしてウィザードを終了します。

4 完了確認

フォーマットが完了すると、パーティションの部分に「正常」と表示されます。画像のようになったら、フォーマットも完了して使える状態になっています。

以上の手順で、取り付けたバルクのHDDがWindowsで使えるようになります。

PC組立代行キャンペーン【期間限定:5/5(木)~5/31(火)】

PC組立代行キャンペーン
▲PC組立代行について詳しくはこちら

「自分だけのPCが欲しいけど、パーツから組み立てるのは不安」
「自作パソコンを作りたいけど、時間がなくて作れない」
「組みあがった状態から、PC自作について勉強していきたい」

そんなお客様にオススメなのがツクモのPC組立代行のサービスです。 専門店ならではの知識豊富なツクモのスタッフがお客様のPCを組み立てます。

さらに、ツクモならではのオプションとして「ストレステスト24」もご用意しております。 追加料金3,000円(税別)で、メモリテストを24時間、ストレステスト(総合的な負荷テスト)を24時間の合計48時間の連続動作テストを行ないます。

最近のメモリは、通常のテストを2回完了すればまずは大丈夫ですが、まれに5回以上テストを実行しないと発見されないようなエラーもあります。 パソコンを長時間稼働させるご予定のお客様には「ストレステスト24」をおすすめいたします。

そんなPC組立代行のサービスが、ツクモでPCパーツ3点以上同時購入のお客様向けにキャンペーン実施中!この機会にぜひご利用下さい!

PC組立代行: 料金9,980円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 10,480円(税別)

※PC簡易組立代行は対象外となります。

PC組立代行のお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら
ツクモのサポートブログ

「電源リフレッシュサービス」半額キャンペーン【期間限定:4/4(月)~4/30(土)】

「電源リフレッシュサービス」半額キャンペーン

電源リフレッシュサービスは長年使っていて消耗してしまったデスクトップPCの電源ユニットを交換するサービスです。

最近は効率のいい電源ユニットが増えており、電源ユニットを新しいものに交換することで、電源効率がよくなります。デスクトップPCの節電対策におすすめです。

最新の電源ユニットに交換して、高効率電源ユニットにして、節電対策を実行しましょう。 特に3年以上使っているPCのリフレッシュにおススメです。

作業時にはエアダスターによるホコリ取りや、目視によりPC内部のコンデンサの状態を確認します。

電源リフレッシュサービス: 料金1,990円(税別)+電源代金
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,240円(税別)+電源代金

※自作PC・メーカーPCともに対応致しますが、ATX等の一般的な形状の電源ユニットに限ります。

電源リフレッシュサービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら