その他アーカイブ

□■ ツクモ本店配信動画:ツクモVR.新体験ゲーム「TITAN SLAYER」 ■□

秋葉原のツクモパソコン本店の角の路面フロアが本店Ⅲ「ツクモVR」です。
ツクモVRでは、VRシステム「VIVE」をご案内中。VRゲームの体験ができます!
今回は新たに増えた体験可能なゲーム「TITAN SLAYER」を売場スタッフ兼平が紹介いたします。

ツクモVR

次々と襲い掛かってくる巨大な生物たちを、剣・弓・銃などを駆使して打ち倒せ!
攻防は全てプレイヤーの動き次第!
巨人による大迫力の攻撃に臆することなく、スタイリッシュに敵を殲滅せよ!

迫る敵に剣を振るい、敵の攻撃を自分で動いて避けるまさにVRなゲームです。
ツクモVR.ではさらにこのTITAN SLAYERを「MR演出」にしてあります!
店頭・店内のデモモニタではプレイヤーがTITAN SLAYERの世界に入り込んだ映像を
見る事ができます。友人たちと連れ立って遊びにくると盛り上がります。
ぜひツクモVR.でTITAN SLAYERを体験してください!

ツクモVR

このほかにもツクモVRではたくさんのVRゲームを体験できます。
ご用意しているVRゲームのご紹介や、web上からの体験ご予約を【こちらのツクモVRブログ】にてご案内しています。
ぜひ一度ご覧ください!

こちらのYoutubeチャンネル、YouTubeチャンネル「ツクモパソコン本店配信動画」では

ツクモパソコン本店動画配信

このほかにも商品紹介や、ツクモパソコン本店にて開催されたイベントの録画などをご覧いただけます。

撮影や、動画編集はツクモパソコン本店のビデオ関連の専門売場
「本店3F キャプチャ王国」が行っています。
家庭用ビデオカメラでは足らず、高性能なプロビデオカメラが必要な方。
パソコンを使ってビデオ編集。動画作品を作りたい方。
ただいま人気のネット動画配信を始めてみたい方。
ビデオ関連のお問い合わせはツクモキャプチャ王国にお申し付けください!

ツクモキャプチャ王国
twitchアフェリ

ご存知ですか ゲーム配信サイトTwitchのアフェリエイトプログラム

夏休み直前、ツクモパソコン本店キャプチャ王国にはゲーム配信のためのキャプチャパーツの
お問合せが急増中です。まさにゲーム配信がゲームやPCの楽しみ方として一般化したのを肌で感じます。

そんなゲーム配信を行う配信サイトにも様々な動きがあります。

まずは配信サイトの増加。日本では配信といえば 「ニコニコ生放送」ゲーム配信も多くみられます。
ストリーミングの最大手と言える 「YouTube」はゲーム専門の 「YouTube Gaming」を立ち上げました。
様々なライブ配信の中でもゲーム配信を重要視しているということに感じられます。
日本産のゲーム配信サイトでは 「OPEN REC」が話題になっています。日本人プロゲーマーの配信者や
人気のスマホソーシャルゲームの配信が多いなど日本らしい特色があります。
そして世界的なゲーム配信専門サイト 「Twitch」も日本での知名度が上がってきました。

サイトの増加に加え、進んでいるのが配信者への配信の促進・支援の動きです。
有名なのはゲームメーカー「任天堂」「Nintendo Creators Program」です。
任天堂ゲームの動画をYouTubeに掲載した際、所定の条件・申込みを満たしているとYouTubeからの
広告収益を任天堂と動画制作者との間でシェアできる
、というものです。
※ 詳細はメーカー公式の案内をご確認ください。

さらに今年の春からゲーム配信専門サイト「Twitch」が「アフィリエイトプログラム」を開始しました。
Twitchでは以前よりTwitchパートナーという収益化システムがありましたが、これは個別に申込みを行い
承認審査があるいわばTwitch公式プロ配信者的なもので、敷居がなかなかに高いものです。

対して新たに始まったアフェリエイトプログラムは、通常のTwitch利用配信者で特定の条件を満たした人に
自動的に招待が送られてくる、というこれまでになく簡単なもの
になっています。

条件はTwitch公式の案内から抜粋すると――
・過去30日間において合計500分以上の配信を実施
・過去30日間において7日以上の配信を実施
・過去30日間において平均3人以上の同時視聴者がいる
・50人以上のフォロワーがいる
プログラム公開時にはこの条件を満たしていた利用者へ招待が送られたとのことです。

実際に試してみたところ、本当に招待が来ました

ものは試しということでキャプチャ王国スタッフがTwitchでの条件を満たすことを目指して配信を試しました。
結論からすると↑の画像のようにTwitchトップ画面にお知らせがやってきました。
ダッシュボードの設定メニューにはプログラムに参加する案内が来ています↓

twitchアフェリ

お知らせがくる直前の配信状況がこちらです↓

twitchアフェリ

前述の条件にある「過去30日間において7日以上の配信を実施」を満たしていません。
あと1回配信をするとお知らせがくるかもしれない、と思っていたところへ7月18日(火)の
配信実施後、数時間のうちにお知らせが来たようです。
Twitch側で条件が変動しているのか、あるいは合計配信時間が最低条件のおよそ倍なので要件カウントに
色々な条件があってそちらで補填された、などかもしれません。
ですがTwitchが公開している条件をおおよそ満たすと招待案内がくるのは間違いないようです。
※ 詳細はメーカー公式の案内をご確認ください。

ネット動画配信がさらに身近になる時代がやってきそうです!

Twitchのアフェリエイトプログラムは現在のところ、配信者が視聴者からのの応援チップを受け取る機能が
利用できるようになるというささやかなものです。ですが配信をする人のモチベーションやちょっとした
収益化による活動支援などに機能しそうです。なによりここまで簡単かつ配信サイトが公式に提供するシステムは
これまでありませんでした。動画配信をするにはうってつけの時代になってきました!

動画キャプチャや配信機器、そしてビデオ編集は「パソコン本店3Fキャプチャ王国」にぜひ
ご相談をお申し付けください!
さらにゲーミング&配信用PCのご用意は「パソコン本店1F PC総合フロア」
高性能なマウスやキーボードは「パソコン本店Ⅱ3Fゲーミングデバイスフロア」にてご案内。
ゲーム・配信のことはツクモパソコン本店で全て揃います。ぜひご利用ください!

EDIUS Pro8 アップデート

EDIUS v 8.31b1333 アップデーターを公開

軽快な動作・パッケージ販売でありつつ、お買い得な業務用ビデオ編集ソフト「EDIUS Pro 8」の
最新アップデーターがメーカーサポートページに掲載されました。

前回のアップデートではいくつかの機能が追加されました。今回のv 8.31b1333はバグ修正の模様です。
EDIUS Pro 8 ユーザーの方はお忘れなくアップデートを行ってください。

↓↓↓メーカーサポート EDIUS Pro 8アップデーターの案内はこちら↓↓↓

EDIUSアップデータ
MiNiSTUDIO Settings Panelの最新版 Version 1.3

MiNiSTUDIO US-32・US-42のソフトウェア最新版への変更をお忘れなく

ツクモキャプチャ王国でも好評のTASCAM/ドワンゴのUSBオーディオインターフェース
MiNiSTUDIO US-32・US-42。ユーザー向け情報です。12月1日に同製品の専用制御ソフト
MiNiSTUDIO Settings Panelの最新ver1.3が登場
しています。

MiNiSTUDIO Settings Panelの最新版 Version 1.3

ひとつ前のver1.2からの変更点は、コントロールパネル上で表示されるインタフェースの名称を
分りやすいものに変更、となります。機能的には変更はありませんが、PCパーツの常として、最新版を
使うようにしたいものです。

また、Ver1.1からVer1.2へのアップデートの際には、機能追加の大きな変更がありました。
モードプリセット切替の機能が加わりました。特にこのなかで「Talking」モードにすると
ループバックをオフにできるようになりましたので、チャットなどでの使用も可能に
なりました。
US-32を発売当初に購入した後、ソフトのアップデータをしていない、というユーザーの方は、使い勝手が
格段によくなるのでこの機会にVer1.3への切り替えをお忘れなく!

MiNiSTUDIO Settings Panelの最新版 Version 1.3

↓↓↓こちらからTASCAM US-32ダウンロードにて、最新版をダウンロード↓↓↓

MiNiSTUDIO Settings Panelの最新版 Version 1.3

US-32はVer1.2からループバックがオフにできないという煩わしさが解消されたので、ますます
初めてUSBオーディオインターフェースを使う人・入門用でも慣れてきたら凝ったことができるものが欲しい人、
にオススメできる
機材になりました。キャプチャ王国スタッフも使っています。みんなも使おう!

MiNiSTUDIO PERSONAL US-32
ツクモ価格 ¥12,520(税込) [詳細・ご注文はこちら]


MiNiSTUDIO CREATOR US-42
ツクモ価格 ¥17,496(税込) [詳細・ご注文はこちら]

ファームアップデート

GY-HM600、GY-HM650ファームアップデート


JVCの業務用ビデオカメラ「GY-HM600」「GY-HM650」のファームアップデートが
5月13日よりメーカーサイトにて更新されています。

ユーザーの方はこちらの紹介をご確認ください。

以前もフォーカスリングの操作性の向上など、様々な点がファームアップで
改良されています。今回はAVCHDの記録モードなどが強化されています。
キャプチャ王国のデモ機も最新ファームに変更されていますのでご確認ください。

※ アップデート作業はメーカーホームページの注意事項を確認のうえ
作業していただけますようお願いいたします ※

キャプチャ王国ヤマダモール出店

キャプチャ王国 ヤマダモールに出店!!

ヤマダ電機のオンラインショップ「ヤマダモール」をご存知でしょうか?
ご利用でヤマダ電機でのお買い物に使えるポイントが貯まるお得なオンライン
ショップです。


このヤマダモールに、キャプチャ王国も出店いたしました!
キャプチャ王国ヤマダモール店では、クレジットカードでお買い物が可能
です。クレジットカードでの業務用映像機材のお買い物はキャプチャ王国
ヤマダモール店をぜひご利用ください。


さらにただ今、キャプチャ王国ヤマダモール店の出店記念キャンペーンを
開催中!お買い物で発生するポイントが7倍とお得になっています!

□■ キャプチャ王国ヤマダモール出店記念キャンペーン ■□

キャンペーン期間:1月21日(月) 13:00まで
キャンペーン内容:期間中、オンラインショップでのお買い物で
発生するポイントが通常の7倍となっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

キャプチャ王国ヤマダモール店も、従来のオンラインショップと合わせて
ぜひご利用ください!

金環日食撮影用フィルター

5月21日(月)朝

金環日食がおこります

月が太陽を隠す「日食」の一種、金環日食では、皆既日食のようにコロナやプロミネンスが
見えたり星が見えるほどに暗くなったりはしませんが、太陽がドーナツ状に見え、曇りのときの
ようにあたりが薄暗くなる様子を観察することができるそうです。

21日の金環日食は日本の広い地域で観察することができるとても珍しい機会とのこと。
そこで金環日食を撮影するためのフィルターをご紹介いたします。


↓続きはコチラ↓

hxrnx70j.jpg


先日、公開されましたHXR-NX70Jのファームウェアアップデートに続き、さらにズームの操作性を向上させる為の、有償アップグレードが開始されました。

今回のアップグレードでは、ズームレバー内部の部品交換と併せ、先日公開されたファームウェアアップデートを実施。

通常28,350円の作業料を、期間限定で5,250円で対応との事です。

HXR-NX70Jを既にお持ちの方は、ご検討ください。



【キャンペーン期間】

2012年4月19日より2012年9月28日受付分まで



ご要望のお客様はSONYサービス窓口までお問い合わせください。



アップグレードキャンペーン詳細は下記のSONYサポート情報ページをご確認ください

http://www.sony.jp/nxcam/support/upgrade/HXR-NX70J_campaign.html

 

グラスバレーより、EDIUS6の新バージョンEDIUS6.5への無料アップグレードサービスが告知されました。
新バージョン6.5の発売時期は正式に発表されていませんが、今夏ごろではないかと思われます。

以下、メーカーサイトからの抜粋です。


EDIUS 6.5 無料アップグレードのお知らせ
対象期間内に対象製品をご購入のお客様にEDIUS 6.5への無償アップグレードを提供いたします。お申し込みには、EDIUSのシリアル番号と、ご購入を証明するレシートや領収書が必要となります。対象製品をお持ちの方は、近日中に公開いたします無料アップグレード登録ページに必要事項を記載のうえ、お申込みください。

■ EDIUS 6.5 主な特長
・REDフォーマットサポート
・3Dステレオスコピック編集機能
・AVCHD 2.0対応
・ラウドネスメーター
・対応OS : Windows 7(64bit / 32bit)※
※ Windows XP / Vistaには対応しておりません

■ 対象製品
・EDIUS 6
・EDIUS 6 アカデミック版
・EDIUS 6 アップグレード版
・EDIUS 6 優待乗換版
・STORM MOBILE デスクトップ内蔵タイプ EDIUS 6付属
・STORM MOBILE デスクトップ外付タイプ EDIUS 6付属
・STORM MOBILE ノートPC外付タイプ EDIUS 6付属
・HDSTORM CLASSIC
・HDSPARK
・HDSPARK EDIUS Pro 5ユーザー向けアップグレード版
・EDIUS 6 Broadcast ※
※ EDIUS 6 Broadcst をご購入のお客様は対象期間に限らず無料でアップグレードしていただけます

■ 対象期間
2012/4/1 ~ 2012/9/30

■ 注意事項
・EDIUS 6.5 の対応OSは、Windows 7 64bit / 32bit となります。Windows XP / Vistaには対応しておりません。
・EDIUS 6 Broadcast 無料アップグレードの対象製品は、EDIUS6-BC-J、E6BC-UPG-J(E5)、および、E6BC-UPG-J(E6)となります。NFR版は対象外となります。
・お申し込みには、EDIUSのシリアル番号と、ご購入を証明するレシートまたは領収書が必要となります。

既に無料アップグレード期間に入っていますので、これからご購入の方も安心ですね。

詳細はグラスバレーのサイトをご確認ください
http://pro.grassvalley.jp/catalog/edius_pro/edius_65_free.htm

edius6120410.jpg


EDIUS6の最新アップデーターが4月5日の公開されました。

今回のアップデートは下記のバグフィックスが主な変更点となっています。



<キャプチャ・ファイル読み込み・ソースブラウザ関連>

・Omneon Spectrum ビデオサーバーで出力した MXF ファイルが正常に読み込めない事がある。

<ビン/タイムライン操作・エフェクト適用・タイトル作成関連>

・「タイムライン内で使用されていないクリップの登録解除を行う」オプションを設定してコンソリデートすると、ビンだけにあるシーケンスまで消えてしまう。

・ビンウィンドウに多量の Quick Titler クリップがあると、EDIUSと他のアプリケーションとの切り替え速度が遅くなる。

・プロジェクトで使用している素材ファイルの入ったハードディスクをフォーマットして、再度同じ素材ファイルを入れるとオフラインクリップとして認識される。

・エンボスエフェクトをかけたタイトルをタイムラインに追加すると EDIUS が終了する。

・アルファチャンネル付きのクリップにトランジションを適用するとティアリングが発生する。

・P2クリップのプロキシに対応するハイレゾクリップがビンウィンドウから転送できない。

・10bitのプロジェクトにマスクフィルタを適用した際にマスクフィルタの順番をレイアウターの前に移動させるとEDIUSが終了する。

・プログレッシブプロジェクト上でタイムラインにプログレッシブクリップを配置してスローモーションを適用すると、ブレンドされたフレームが生成される。

<ファイル/テープ出力関連>

・Quick Time 7.7 がインストールされている環境で、iPhone や iPod 形式のファイルを出力すると音声の無いファイルが出力される。



下記のメーカーダウンロードサイトから入手可能です。

http://pro.grassvalley.jp/download/edius6.htm