お問合せ先はこちら 03-3254-3999

【2Fモニター】新製品紹介「EIZO EV2335W」入荷のご案内~モニ男オススメ指数92%~【モニ男】

   

EIZOから新製品が発売!今度のは渋いっすよお客さん。
  • ピボット対応IPSモニター。EIZOって感じがするね。
  • カラーはブラックとパンダの2色。
  • シンプルな筐体でビジネスにも。

 

 

どうも、モニ男です。

 

なにやら突然寒くなりました。軽く風邪ひきそうです。

季節の変わり目なので気を付けたいところですね。


さてさて、10/3にですね、EIZOから新製品が発売されて店頭に展示機出したのでレビューしちゃいますよ。

まずはスペックから

 

▼メーカースペック▼

メーカー名:EIZO
型番:EV2335W BK/GB
パネル:IPSパネル
サイズ:23インチ
解像度:1920×1080
コントラスト比:1000:1
表示色数:1677万色
輝度: 250cd/m2
応答速度:16ms/6ms
入力端子:DVI-D/D-SUB15/DisplayPort
消費電力:最大35w
視野角:上下左右178度
VESA規格:100mm×100mm
メーカーサイト:
http://www.eizo.co.jp/products/lcd/ev2335w/index.html

●モニ男レビュー●

EIZOらしさがあふれる渋い一品!

ひとつ前のFS2332と比較すると、色合いは落ち着いた印象。FS2332が動画向けとすればEV2335Wは静止画向け(ビジネス、事務用途)に近い。

端子もHDMI端子は無くDisplayPortになっている。PCと一緒にゲームもという場合には工夫が必要になりそうです。

ピボット対応の筐体なので高さの調節も可能になっています。土台ベタ付けまで画面を下げることができるのは結構便利。上下動もスムーズに動きます。スイーベル、チルトも可能。

画面モードは「User1」「User2」「sRGB」「Paper」「Movie」の5種類。この機種もPaperモードは健在です。また輝度調整はかなり明るさを下げることが出来ます。0にするとほぼ真っ暗なくらいまで下げられます。なのでPCでの打ち込み作業を多くこなす方、目に優しいモデルを探してる方にはオススメです。

 

箱から出すとピンクの包装紙がお出迎え。購入者に宛ててEIZOから案内が。なんかいろんな言語で。

 


どうでもいいけどケーブルの包装が珍しかったので。DVIケーブルがプチプチで巻かれてました。よくあるのはなんか白くて薄いクッションみたいのなんですけどね。

 

今回は豪華に各色展開!!BK(ブラック)とGB(グレイブラック)の2種類。ゲームボーイじゃないよ。

ちなみに左が画面を一番下げた状態。右が上げた状態です。

 

横からだとこんな感じ。アーム部分がちょっと曲線を描いてます。グレイブラックはベゼルのみセレーングレイ。背面からアームはブラックです。パンダカラーですねー。

 

 

 以前のEVシリーズは下ベゼルが出っ張るいわゆる「シャクレ」がありましたが、今回はすっきり。ビミョーにシャクってますけどね。表面結構反射してますけどノングレアですからね。撮影環境の問題が・・・。他社のIPSモニターと比べると若干グレアっぽくはなってますけど光沢感は使用してる限りないです。

 

アームの後ろの部分にはケーブルタイが。ちょっとサザエさんちの裏口に似てる・・・。サブちゃん来るかも。

 

細かい点なんですが、ピボット時にちょっと画面に角度つけないと土台に当たっちゃうピボットモニターが最近多いんですけど、EV2335Wは画面を真っ直ぐの角度でも当たることなく回転可能!流石EIZOさんや!いぶし銀やで!!

 

いかがですか?

ちょっとモニ男も欲しいんだよね。だけどこれ買うとモニターが家に8台くらいになるから困る。

DisplayPort端子があるのでトリプルするのも良いかも。出荷時に1台ずつ調整してるみたいなので個体差も少ないって話だし。

 

で、気になるお値段は

 

 

ツクモ特価 ¥39,800 ポイント5%進呈!!

 

高くなーーい!!EIZOでこの価格はスペシャルプラーイス!!

安いからといってもちゃんと保証は5年間保証!(パネル・バックライトは3年間)安心感ありますな。 

個人的には文書作成をとにかくされる方とかに特にオススメですかね。IPSで輝度めっちゃ下がるし、Paperモードもあるし。

それにアーム無くてもピボット可能!でもアームも付けられるよ!!

展示実機はDOS/V1Fのデスクトップコーナー2Fのモニターコーナーに1色ずつ展示中!!

ちょっと見てみてね。

 

それではー。