お問合せ先はこちら 03-3254-3999

知ってて得する!ツクモサポートセンターの 小ワザ・小ネタ紹介

ツクモのサポートブログ

メモリ増設はチップ数に注意 Part.2 - デスクトップ(Intel CPU)編 -

以前にDDR3メモリ対応ノートパソコン向けの内容を掲載しましたが、今回はまだお問い合わせの多いデスクトップ(Intel CPU)編となります。

2010年以前にリリースされているDDR3メモリ対応のIntel社製チップセットが搭載されているマザーボード(下記一覧参照) やデスクトップパソコンで、 4GBのメモリモジュールの増設を考えている方は、 メモリに搭載されているDRAMチップの数には要注意です。

  • 「Intel 3シリーズ、4シリーズチップセット(LGA775)」搭載機種
  • 「第1世代 Intel Core i(9xx)シリーズCPU(LGA1366)」搭載機種
  • 「第1世代 Intel Core i(8xx/7xx/6xx/5xx)シリーズCPU(LGA1156)」搭載機種
  • 「Intel Pentium(G6xxx)シリーズ、Celeron G1101(LGA1156)」搭載機種
  • 「第1・2世代 Intel Atom(PineView、CedarTrail)シリーズCPU」搭載機種

※メーカー製デスクトップパソコンの場合、スペックの詳細はデスクトップパソコンの取扱説明書等でご確認ください。

これらの2010年以前にリリースされているDDR3メモリ対応のIntel社製チップセットが搭載されたマザーボードやパソコン本体では、 「2Gbit DRAM」を使用する事が前提となっており、 現在主流の「4Gbit DRAM」では動作しません。 そのため、これらのマザーボードやパソコン本体では、4Gbit DRAMが前提となる8GBや16GBのメモリは使用できません。

そこで、最大までメモリを増設する場合には、4GBのメモリを使用することになりますが、 その際は2Gbit DRAMの使用された4GBのメモリが必要となります。 これを簡単に見分ける方法はないのでしょうか。実はメモリ基板上のDRAMチップの数を確認するのが一番簡単です。

2Gbit DRAM 採用品 4Gbit DRAM 採用品
2Gbit DRAM 採用4GBメモリ 4Gbit DRAM 採用4GBメモリ

こちらの画像のように、 4GBメモリの基板上の「DRAMチップが片面8個(両面で 計16個)」だと 「2Gbit DRAM(左側の画像)」採用品となり「DRAMチップが両面あわせて計8個」だと 「4Gbit DRAM(右側の画像)」採用品となります(参考画像はイメージです)。

※4Gbit DRAM採用の4GBメモリでは、メモリによっては画像と異なり、片面に4個ずつ搭載されていて両面あわせて8個になるメモリもあります。

詳しくは、増設用のメモリをご購入の前にツクモ各店の販売フロアにてご相談下さい。

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!【期間限定:11/1~12/31】

「超高速化サービス」3000円引きキャンペーン実施中!
▲超高速化サービスについて詳しくは
 こちら

SSDが登場してから年月も経ち、システムドライブにSSDを搭載したパソコンも一般的になりつつあります。 SSDはHDDと比較して、パソコンの起動速度の向上や、省電力化といったメリットがあります。

持っているパソコンのシステムドライブはHDDだけど「パソコンのHDDをSSDにして高速化したい」「SSDに交換はできそうだけど、そのあとの手順がわからない」というお客様におすすめのサービスがツクモの「超高速化サービス」です。

「超高速化サービス」は経験豊富なスタッフがSSDへの交換と、データ転送またはリカバリーまでの作業を行ないます。

そんな「超高速化サービス」が今ならキャンペーンを実施中です。 交換用のSSDとしてSanDisk Extremeシリーズを同時購入の場合、下記価格より さらに1,000円引きとなります。 パソコンの高速化をご検討中の方はこの機会をぜひご利用ください!

超高速化サービス: 料金8,480円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 8,980円(税別)

※メーカー製PCを分解し、ドライブの交換を行うため、メーカー保証が受けられなくなることがございます。
※その他、注意事項は ご利用規定 をご覧ください。

超高速化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら