お問合せ先はこちら 092-406-9924

2011年以前のノートパソコンのメモリ増設はチップ数に注意

2011年以前のノートパソコンのメモリ増設はチップ数に注意

2011年以前に発売されたDDR3メモリ対応ノートパソコン(※本項末尾参照)で、 4GBのメモリの増設を考えている方は、 メモリに搭載されているDRAMチップの数に要注意です。

この2011年以前の世代のパソコンでは「2Gbit DRAM」を使用する事が前提となっており、 現在主流の「4Gbit DRAM」では正常動作できません。

簡単に見分ける手段としては、4GBメモリ基板上の「DRAMチップが片面8個(両面で16個)」だと「2Gbit DRAM(左側の画像)」採用品となり「DRAMチップが片面4個(両面で8個)」だと上記の「4Gbit DRAM(右側の画像)」採用品となっています(参考画像はイメージです)。

2Gbit DRAM 採用品 4Gbit DRAM 採用品
2Gbit DRAM 採用品 4Gbit DRAM 採用品

なお、今回はサポートで特に問合せの多いノートPC用メモリでのご案内ですが、同世代のデスクトップパソコン(自作PC含む)でも同様の制限があります。

詳しくは、増設用のメモリをご購入の前に販売フロアにてご相談下さい。

※今回ご案内いたしました、「2Gbit DRAM」の必要なノートパソコン の機種は次の通りです。お手持ちのパソコンのスペックの詳細はノートパソコンの取扱説明書等でご確認ください。

  • 「Intel 4シリーズチップセット」搭載機種
  • 「第1世代 Intel Core i(7xx/6xx/5xx)シリーズ搭載機種
  • 「Intel Pentium(P6xxx、U5400)/Celeron(P4xxx、U3xxx)シリーズ」搭載機種
  • 「第1・2世代 Intel Atom(PineView、CedarTrail)」搭載機種

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!【期間限定:9/1(火)~10/31(土)】

「超高速化サービス」3000円引きキャンペーン実施中!

SSDが登場してから年月も経ち、システムドライブにSSDを搭載したパソコンも一般的になりつつあります。 SSDはHDDと比較して、パソコンの起動速度の向上や、省電力化といったメリットがあります。

持っているパソコンのシステムドライブはHDDだけど「パソコンのHDDをSSDにして高速化したい」「SSDに交換はできそうだけど、そのあとの手順がわからない」というお客様におすすめのサービスがツクモの「超高速化サービス」です。

「超高速化サービス」は経験豊富なスタッフがSSDへの交換と、データ転送またはリカバリーまでの作業を行ないます。

そんな「超高速化サービス」が今なら3000円引きキャンペーンを実施中です。 パソコンの高速化をご検討中の方はこの機会をぜひご利用ください!

超高速化サービス: 料金6,480円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 6,980円(税別)

※メーカー製PCを分解し、ドライブの交換を行うため、メーカー保証が受けられなくなることがございます。
※その他、注意事項は ご利用規定 をご覧ください。

超高速化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら