お問合せ先はこちら 092-406-9924

Windows 10で最新のCPUはどのバージョン(ビルド)からサポートされるの?

ツクモのサポートブログ

Windows 10で最新のCPUはどのバージョン(ビルド)からサポートされるの?

今年になってIntelとAMDから新CPUが発売されましたが、 Windows 10をインストールする場合にはひとつ注意が必要です。 それは最新のCPUは発売された時点での最新バージョンのWindows 10でサポートされることになっているからです。

2017年3月現在、Windows 10には次の3つのバージョンがあります。

バージョン 名称(ビルド番号) 公開日
1507 RTM(10240) 2015/7/29
1511 November Update(10586) 2015/11/10
1607 Anniversary Update(14393) 2016/8/2

※公開日は一般ユーザ向けの"Current Branch"での公開日です。

つまり、今年発売されたIntel Core i7-7700KやAMD Ryzen 7 1800Xなどを使ってPCを自作した場合、 バージョン1607のWindows 10が必要になるというわけです。 また、CPUのほかグラフィックボードなどのPCパーツでもWindows 10のバージョンが古いとサポートされていないため デバイスドライバがインストールできないという事例もあります。 現在わかっている情報をまとめてみると、下記のようになります。

  • バージョン [1607] 以降が必要なPCパーツ
    • Intel 第7世代Coreプロセッサ全般(Core iシリーズ7000番台、Pentium4000番台の一部、Celeron3000番台の一部)
    • AMD Socket AM4 CPU全般(Ryzenシリーズ、第7世代APU 9000番台、ほか)
  • バージョン [1511] 以降が必要なPCパーツ
    • NVIDIA GeForce 10シリーズ
    • AMD Radeon 400シリーズ

これらのPCパーツにWindows 10をインストールする場合、 Windows 10発売時のバージョン1507のインストールメディアは使用せず、 最新バージョンのインストールメディアを作成してWindows 10をインストールするようにしましょう。 実際、バージョン1507のインストールメディアでWindows 10をインストールしたところ、 バージョン1607への更新に失敗してしまったという事例も実際にありました。

Windows 10のメディア作成ツールは下記のURLからダウンロードできます。 メディア作成ツールを使用すると最新のバージョンのインストールメディアが作成できます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

最新のCPU・グラフィックボードで自作する場合、 メディア作成ツールで最新のバージョンのWindows 10のメディアを作成してインストールするようにしましょう。

PC組立代行キャンペーン【期間限定:3/5(日)~3/31(金)】

PC組立代行キャンペーン
▲PC組立代行について詳しくはこちら

「自分だけのPCが欲しいけど、パーツから組み立てるのは不安」
「自作パソコンを作りたいけど、時間がなくて作れない」
「組みあがった状態から、PC自作について勉強していきたい」

そんなお客様にオススメなのがツクモのPC組立代行のサービスです。 専門店ならではの知識豊富なツクモのスタッフがお客様のPCを組み立てます。

さらに、ツクモならではのオプションとして「ストレステスト24」もご用意しております。 追加料金3,000円(税別)で、メモリテストを24時間、ストレステスト(総合的な負荷テスト)を24時間の合計48時間の連続動作テストを行ないます。

最近のメモリは、通常のテストを2回完了すればまずは大丈夫ですが、まれに5回以上テストを実行しないと発見されないようなエラーもあります。 パソコンを長時間稼働させるご予定のお客様には「ストレステスト24」をおすすめいたします。

そんなPC組立代行のサービスが、ツクモでPCパーツ3点以上同時購入のお客様に3000ポイント進呈のキャンペーンを実施中!この機会にぜひご利用下さい!

PC組立代行: 料金12,980円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 13,480円(税別)

※PC簡易組立代行は対象外となります。

PC組立代行のお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら