新製品情報アーカイブ

0405996383012.jpg

近藤科学 KXR アドバンスセットB【ツクモの日特価】

¥57,600(税別)

5台限りとなります。

<KXRシリーズのすべてのパーツが同梱>
6脚型ロボットや恐竜型ロボット、ヒューマノイド型のグリッパーハンド付きなど多彩なロボットを組み立てられます。
●サーボが18個(KRS-3301)付属

4945984404528.jpg

近藤科学 MD-1(ニュートラルブレーキ仕様)

小型モータ向けスピードコントローラ
MD-1は小型モーター専用のESC(Electric Speed Controller)です。最大370サイズまでのブラシ付きモータに対応します。

ロボットや工作セットの自作、改造に適した(ニュートラルブレーキ仕様)です。

4945984107108.jpg

近藤科学 MC-8 2.4GHz MX-F 送受信機セット(MR-8付属)

4945984107139.jpg

近藤科学 MC-8 2.4GHz MX-F MAKEセットA(MD-1NB ×2個付属)

4945984210129.jpg

近藤科学 MR-8 2.4GHz MX-F(受信機のみ)

4945984260124.jpg

近藤科学 電源ユニット NEWコネクター

DCモータ制御のロボットを簡単に無線化!8CHコントローラ

MC-8は、PWM信号で制御する機器を8CH制御できるマルチコントローラです。RCカーの操縦は元より、工作セットや自作ロボットなどPWM信号で動 作するサーボやスピードコントローラを搭載したマシンの無線コントロールにお勧めです。MC-8専用の受信機MR-8と組み合わせてご利用できます。

※KRR-1、KRR-5FHは使用できません

本製品は、RCBシリーズを搭載したロボットには対応していません。KHR-3HV、KXRシリーズなどロボットキットにはご利用いただけませんのでご注意ください。ロボットキットには、KRC-5FHをご利用ください。

Arcade Parts Kit

0405996386013.png

スイッチサイエンス Player X USB Games Controller PCB

ゲームコントローラを自作することができるボードです。USB micro-BケーブルでPC(MacまたはLinux)に接続すると、USBゲームコントローラとして認識されます。

0405996384019.png

スイッチサイエンス Picade X HAT USB-C

ジョイスティックとボタンを接続するためのコネクタを備えたRaspberry Pi用の拡張基板で、Raspberry Piを使った自作ゲーム機の製作に最適です。

0405996385016.png

スイッチサイエンス Arcade Parts Kit

自作ゲーム機の製作に最適なジョイスティックとボタンのセットです。
Picade X HATまたはPlayer X USBとの接続に最適なケーブルが付属しています。

adubru.jpg

ビット・トレード・ワン BitTradeOne 汎用USB接続リレー制御基板 ADUBRU5 5回路版

ビット・トレード・ワン BitTradeOne 汎用USB接続リレー制御基板 ADUBRU9 9回路版

「汎用USB接続リレー制御基板」は5つ及び9つ迄のリレー接続をPCから制御するための拡張ボード

自作アプリから利用可能なライブラリ(DLL形式)を公開(VC++、C#、VB)。サンプルアプリも公開。 複数台の大規模な電力を使用する機器を自在にコントロール可能です。

DJI OSMO MOBILE 3

4988755051484.jpg

DJI OSMO MOBILE 3

手ブレ補正で、滑らかな映像撮影を
効果的に手ブレを補正する3軸ジンバルを備えたOsmo Mobile 3は、
極めてスムーズで安定した映像撮影を実現します。
軽量設計で、反応性の優れ、リアルタイムに動きに対して反応するので、
目の前の被写体の撮影にもっと集中できます。

DJI OSMO MOBILE 3 COMBO

COMBOのセット品
Osmo グリップ式三脚 x 1
Osmo キャリーケース x 1

4988755051484_1.jpg

0405995142016.gif

オーム社 ロボコンマガジン 2019年9月号 No.125

今号の特集は「ロボットが起こす食品産業革命」。日本では、加工食品や海外への食品輸出、国内での単身者の食品需要の増加の傾向があるにもかかわらず、食品事業所が減少傾向にあり、現場の人手も不足しつつあります。本特集は、こういった背景のもと自動化・高効率化が求められている食品産業にかかわるロボット技術やソリューションに取り組まれている企業に取材して、その最先端の技術を紹介する記事としてまとめています。また、FOOMA JAPAN 2019(国際食品工業展)のレポートも収録しています。

・今号で休刊になるそうです。