お問合せ先はこちら 011-522-6199

サポートアーカイブ

サポート情報 7月17日号

ツクモのサポートブログ

自作前の起動診断サービスのご案内

自作前の起動診断サービス
▲自作前の起動診断サービスについて
 詳しくはこちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

自作前の起動診断サービスは、 ツクモでご購入いただいたPCパーツ一式を、 お持ち帰りいただく前に起動確認を行なうサービスです。 マザーボード、CPU、メモリ、グラフィックボード、電源ユニットを使用した最小構成で、 BIOSのアップデート作業と基本設定を実施します。

お持ち帰りの前にBIOSのバージョンやパーツの相性、初期不良の確認を行ない、 万が一のトラブルの際の手間を減らすことができるため、お持ち帰り後に安心して組み立てることができます。 起動確認後は、CPUを取り付けたままの状態でのお渡しもでき、CPUの取り付けが不安な方にもおすすめです。

自作パソコンが初めてのお客様にはもちろんですが、 自作パソコンはベテランだけど初期不良があると色々と面倒だな考えているお客様にもおすすめ のサービスです。

相性や初期不良が不安な場合には、 ツクモの自作前の起動診断サービスをぜひご利用ください。

自作前の起動診断サービス: 料金1,500円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,000円(税別)

※自作前の起動診断サービスは、店舗サポートでのみのサービスになります。
※BIOSのアップデート作業と基本設定が不要な場合は「起動確認のみ」をご利用下さい。

自作前の起動診断サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 7月10日号

ツクモのサポートブログ

新しいパソコンにパーツを増設しよう!でも、その前に...

ツクモ池袋店の中の人がTwitterでサポート的にとても大事なことをつぶやいていましたので、紹介と補足をいたします。

まず最初は...

新しく買ったパソコンで正常起動を確認する前にパーツを増設してトラブルになってしまう事例ですが、 サポートセンターへのお問い合わせも少なくありません。 パソコンのメーカーで想定していないパーツや周辺機器の場合、初回セットアップが正しく行なえない事例もあります。 初回セットアップに失敗してしまうと、パソコンのメーカーによっては手元での対処方法がなく、 最悪の場合には買ったばかりなのに修理に出さねばならず、メーカーでの有償修理扱いになる事例もあります。

新しくパソコンを買った際には、 必ずキーボード、マウス、モニターだけの最小限の状態で初回セットアップを行なうようお願いいたします。

そしてもうひとつ...

自作パソコンの場合でも、 WindowsインストールしないSSDやHDDを繋いだままWindowsのインストールを始めると、 「システムで予約済み」の領域がWindowsのインストール先とは別のドライブに作成されてしまい、 正しくWindowsがインストールできない事例があります。 これはWindows再インストールの場合にも共通して言える内容です。

Windowsをインストールする際には、 インストール先ではないドライブは取り外した状態にして、 Windowsのインストールをするようお願いいたします。

また、最近のマザーボードにはSATA端子がM.2スロットと排他利用になっているモデルがあります。 例えば、SATA5番ポートに光学ドライブを繋いだら光学ドライブが動かなくて、調べたらSSDを挿しているM.2スロットと排他利用だった、という事例があります。

M.2スロットにSSDを取り付ける際には、SATA端子とM.2スロットが排他利用になっていないかマザーボードのマニュアルでよく確認するようお願いいたします。

tsukumo180710

※こちらのブログ記事はブログに掲載した時点の情報に基づいて作成されています。

増設メモリ取付け工賃 半額キャンペーン【期間限定:7/1(日)~9/30(日)】

201807_MemoryZousetsu-s.jpg
▲増設メモリ取付け工賃半額キャンペーン
 について詳しくはこちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

「メモリを増やしたいけど、パソコンを開けて作業するのは不安」
「メモリを増設したいけど、取り付けするのが手間なのでやってほしい」

そんなお客様におすすめなのが、ツクモの増設メモリ取付けサービスです。

その「増設メモリ取付けサービス」が crucial(クルーシャル)」製の対象メモリを同時にご購入で料金がお得になるキャンペーンを実施中です。 交換用のメモリとしてcrucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入いただきますと、 取付け工賃がキャンペーン非対象のメモリを増設するときの半額になります。 パソコンのパワーアップをご検討中の方はこの機会をぜひご利用ください!

増設メモリ取付けサービス: 料金1,500円(税別) crucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入の場合
(ケイタイdeポイント未入会の場合 1,750円(税別)crucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入の場合)

※上記料金に加えてメモリ代金が別途必要になります。

増設メモリ取付けサービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 7月3日号

ツクモのサポートブログ

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!【期間限定:7/1(日)~9/30(日)】

201807_ChoKosokuka-s.jpg
▲超高速化サービスについて詳しくは
 こちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

SSDが登場してから年月も経ち、システムドライブにSSDを搭載したパソコンも一般的になりつつあります。 SSDはHDDと比較して、パソコンの起動速度の向上や、省電力化といったメリットがあります。

持っているパソコンのシステムドライブはHDDだけど「パソコンのHDDをSSDにして高速化したい」「SSDに交換はできそうだけど、そのあとの手順がわからない」というお客様におすすめのサービスがツクモの「超高速化サービス」です。

「超高速化サービス」は経験豊富なスタッフがSSDへの交換と、データ転送またはリカバリーまでの作業を行ないます。

そんな「超高速化サービス」がcrucial(クルーシャル)」製の 対象SSDを同時にご購入いただきますと料金がお得になるキャンペーンを実施中です。 交換用のSSDとしてcrucial(クルーシャル) MX500シリーズを同時にご購入の場合、キャンペーン対象外のSSDに交換をするよりも3,000円 もお得になります。

また、便利なオプションサービスとして SSDの交換後にWindows Updateや簡易清掃などメンテナンスを実施する「PCメンテナンスサービス」や、 取り出したHDDをHDDケースに入れて外付けHDDにしてお返しする「外付HDD化サービス」リカバリーディスクのない機種でメーカー指定の方法でリカバリーメディアを作成する「リカバリーディスク作成サービス」 をご用意しておりますので、あわせてのご利用をおすすめいたします。

※オプションサービスについて詳しくは 詳細ページ をご覧ください。

パソコンの高速化をご検討中の方はこの機会にぜひツクモの 「超高速化サービス」 をご利用ください!

超高速化サービス: 料金6,500円(税別) crucial(クルーシャル) MX500シリーズを同時にご購入の場合
(ケイタイdeポイント未入会の場合 7,000円(税別)crucial(クルーシャル) MX500シリーズを同時にご購入の場合)

※メーカー製PCを分解し、ドライブの交換を行うため、メーカー保証が受けられなくなることがございます。
※その他、注意事項は ご利用規定 をご覧ください。

超高速化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 6月26日号

ツクモのサポートブログ

ドライブレターが無くなったり変わったりしてしまったら...

今月に入ってお問い合わせの増えた内容として、 プログラムのインストールや更新でドライブレターが消えてしまいドライブにアクセスできなかったり、 外付けHDDなどを接続した際に以前とは違うドライブレターになってしまったり、という事例があります。

そんな場合には「ディスクの管理」にてドライブレターを追加したり変更したりすることで解決できます。

手順はFAQページにまとめておりますので、ご確認ください。

[FAQ] ドライブレター(ドライブ文字)を変更したい
https://faq.tsukumo.co.jp/index.php?solution_id=1273

tsukumo180626

※こちらのブログ記事はブログに掲載した時点の情報に基づいて作成されています。

自作前の起動診断サービスのご案内

自作前の起動診断サービス
▲自作前の起動診断サービスについて
 詳しくはこちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

自作前の起動診断サービスは、 ツクモでご購入いただいたPCパーツ一式を、 お持ち帰りいただく前に起動確認を行なうサービスです。 マザーボード、CPU、メモリ、グラフィックボード、電源ユニットを使用した最小構成で、 BIOSのアップデート作業と基本設定を実施します。

お持ち帰りの前にBIOSのバージョンやパーツの相性、初期不良の確認を行ない、 万が一のトラブルの際の手間を減らすことができるため、お持ち帰り後に安心して組み立てることができます。 起動確認後は、CPUを取り付けたままの状態でのお渡しもでき、CPUの取り付けが不安な方にもおすすめです。

自作パソコンが初めてのお客様にはもちろんですが、 自作パソコンはベテランだけど初期不良があると色々と面倒だな考えているお客様にもおすすめ のサービスです。

相性や初期不良が不安な場合には、 ツクモの自作前の起動診断サービスをぜひご利用ください。

自作前の起動診断サービス: 料金1,500円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,000円(税別)

※自作前の起動診断サービスは、店舗サポートでのみのサービスになります。
※BIOSのアップデート作業と基本設定が不要な場合は「起動確認のみ」をご利用下さい。

自作前の起動診断サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 6月19日号

ツクモのサポートブログ

増設メモリ取付け工賃 1,000円引きキャンペーン【期間限定:5/1(火)~6/30(土)】

増設メモリ取付け工賃 半額キャンペーン
▲増設メモリ取付け工賃半額キャンペーン
 について詳しくはこちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

「メモリを増やしたいけど、パソコンを開けて作業するのは不安」
「メモリを増設したいけど、取り付けするのが手間なのでやってほしい」

そんなお客様におすすめなのが、ツクモの増設メモリ取付けサービスです。

その「増設メモリ取付けサービス」が crucial(クルーシャル)」製の対象メモリを同時にご購入で料金がお得になるキャンペーンを実施中です。 交換用のメモリとしてcrucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入いただきますと、 取付け工賃がキャンペーン非対象のメモリを増設するときよりも1,000円(税別)引きになります。 パソコンのパワーアップをご検討中の方はこの機会をぜひご利用ください!

増設メモリ取付けサービス: 料金2,000円(税別) crucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入の場合
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,500円(税別)crucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入の場合)

※上記料金に加えてメモリ代金が別途必要になります。

増設メモリ取付けサービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 6月12日号

ツクモのサポートブログ

セキュリティソフトは最新版をダウンロードしてインストールしよう

新しくパソコンを買ったばかりやWindowsの再インストールをしたばかり等の状況で、 セキュリティソフトのインストールを行なう際に、 パッケージ版のCD等メディアや過去にダウンロードした古いバージョンのものをインストールしてしまうと、 Windows Updateの際に下記のようなトラブルに遭遇してしまう可能性があります。

  • Windows Updateで配信される更新プログラムと互換性の問題があり、セキュリティソフトをアップデートしないとWindows Updateの更新プログラムがインストールできなかった事例
  • Windows 10の大型アップデートのインストールに失敗してしまい、セキュリティソフトをアップデートしなければ大型アップデートがインストールできなかった事例

もちろん、古いバージョンでもセキュリティソフトのインストール後に最新版に更新すれば問題ありませんが、手間がかかります。

そのため、セキュリティソフトのインストールは、 セキュリティソフトのメーカーのダウンロードページから最新版をダウンロードしてインストールするようにしましょう。 最新版の入手方法はそれぞれのセキュリティソフトのサポートでご確認ください。

tsukumo180612

※こちらのブログ記事はブログに掲載した時点の情報に基づいて作成されています。

静音化サービスのご案内

201710_Seionka-s.jpg
▲静音化サービスについて詳しくは
 こちらをクリック!
 (画像が開きます)

夏になると気温も上がってきて、パソコン本体内部に搭載されている冷却ファンの回転数も上がり、動作音が気になりやすくなってきます。 加えて、長年使っているパソコンで冷却ファンの回転部分が消耗していたりすると、 回転数が上がると動作音がうるさくなり交換したくなることもあると思います。 そんなときに役に立つのが、CPUファンやケースファン、電源ユニットなど冷却に関わるパーツを交換する静音化サービスです。

静音化サービスを2点以上同時にご依頼いただくと、 2点目よりサービス料金1,000円(税別)引きとなります。

ファン関係のほかHDDやケースの交換も可能で、どこの部品を交換すればより静かになるかなど、 無料相談も実施中ですのでこの機会にぜひご利用下さい。

※静音化サービスはノートパソコンのファンなど市販パーツで部品交換ができない部分にはご利用いただけません。

静音化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 6月5日号

ツクモのサポートブログ

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!【期間限定:4/1(日)~6/30(土)】

「超高速化サービス」割引キャンペーン実施中!
▲超高速化サービスについて詳しくは
 こちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

SSDが登場してから年月も経ち、システムドライブにSSDを搭載したパソコンも一般的になりつつあります。 SSDはHDDと比較して、パソコンの起動速度の向上や、省電力化といったメリットがあります。

持っているパソコンのシステムドライブはHDDだけど「パソコンのHDDをSSDにして高速化したい」「SSDに交換はできそうだけど、そのあとの手順がわからない」というお客様におすすめのサービスがツクモの「超高速化サービス」です。

「超高速化サービス」は経験豊富なスタッフがSSDへの交換と、データ転送またはリカバリーまでの作業を行ないます。

そんな「超高速化サービス」がcrucial(クルーシャル)」製の 対象SSDを同時にご購入いただきますと料金がお得になるキャンペーンを実施中です。 交換用のSSDとしてcrucial(クルーシャル) MX500シリーズを同時にご購入の場合、キャンペーン対象外のSSDに交換をするよりも3,000円 もお得になります。

また、便利なオプションサービスとして SSDの交換後にWindows Updateや簡易清掃などメンテナンスを実施する「PCメンテナンスサービス」や、 取り出したHDDをHDDケースに入れて外付けHDDにしてお返しする「外付HDD化サービス」リカバリーディスクのない機種でメーカー指定の方法でリカバリーメディアを作成する「リカバリーディスク作成サービス」 をご用意しておりますので、あわせてのご利用をおすすめいたします。

※オプションサービスについて詳しくは 詳細ページ をご覧ください。

パソコンの高速化をご検討中の方はこの機会にぜひツクモの 「超高速化サービス」 をご利用ください!

超高速化サービス: 料金6,500円(税別) crucial(クルーシャル) MX500シリーズを同時にご購入の場合
(ケイタイdeポイント未入会の場合 7,000円(税別)crucial(クルーシャル) MX500シリーズを同時にご購入の場合)

※メーカー製PCを分解し、ドライブの交換を行うため、メーカー保証が受けられなくなることがございます。
※その他、注意事項は ご利用規定 をご覧ください。

超高速化サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 5月29日号

ツクモのサポートブログ

最近のWindows 10で無くなった機能のまとめ 2018年5月版

約半年に1度の頻度でバージョンアップされるWindows 10では、バージョンアップによって機能が追加されたり稀に削除されたりということがあります。今回はそんな無くなった機能から、サポートでよくお問い合わせをいただく内容をまとめてみました。

【バージョン1803(April 2018 Update)以降】 ホームグループが無くなりました

201805_win10kieta2-s.jpg
「ホームグループ」の作成画面

Windows 7から搭載されていた「ホームグループ」機能は、 Windows 10 バージョン1803で削除された(下記の参考情報 [1]を参照)ため、 使用することができなくなりました。 ネットワーク経由でフォルダーを共有する場合には、従来の方式(下記の参考情報 [2]を参照)で行なうようにしましょう。

参考情報

[1] ホームグループは Windows 10 (Version 1803) から削除されました
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4091368/windows-10-homegroup-removed
[2] Windows 10 におけるネットワーク経由のファイル共有の変更点
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4092694/windows-10-changes-to-file-sharing-over-a-network

【バージョン1709(Fall Creators Update)以降】 SMBv1が無効化されました

201805_win10kieta3-s.jpg
「Windowsの機能」の画面

ネットワーク経由でフォルダー等を共有するのに使われているプロトコルのSMBv1(Server Message Block Version 1.0)が、 Windows 10 バージョン1709から標準ではインストールされずに初期状態で無効(下記の参考情報 [3]を参照)になりました。

SMBv1は30年近く前のプロトコルで、セキュリティ上のリスク(最近ではランサムウェア(身代金要求型の不正プログラム)による被害など)もあるため、 Microsoftのほか米国国土安全保障省傘下の機関(US-CERT)でもユーザー向けに使用しないことを推奨しています。詳しく知りたい場合には英語になりますが、Microsoftのブログ記事(下記の参考情報 [4]を参照)をご確認ください。

Windowsのパソコンだけを使用している場合はSMBv1が無効でもまったく影響はありません(Windows Vista以降はSMBv2に対応)が、 NASやファイルサーバー、プリンター複合機などが、SMBv1だけで動作するように設定されている場合や、SMBv2以降に対応していない場合には、 その機器が使用できなくなる等の問題が生じます。

Windowsのパソコン側で「Windowsの機能」画面から SMBv1をインストールして有効にする方法もありますが、セキュリティ上のリスクがありますので、NASなど機器側の設定でSMBv2以降で動作するように設定したり、SMBv2以降に対応していない機器をご利用の場合にはNAS機器のお買い替えを検討したりすることをおすすめいたします。

参考情報

[3] Windows 10 Fall Creators Update と Windows Server バージョン 1709 の既定では SMBv1 はインストールされません
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4034314/smbv1-is-not-installed-by-default-in-windows
[4] Stop using SMB1(英語)
https://blogs.technet.microsoft.com/filecab/2016/09/16/stop-using-smb1/

【バージョン1703(Creators Update)以降】 コントロールパネルから個人用設定がなくなりました

201805_win10kieta1-s.jpg
「個人用設定」の画面

Windows Vistaから追加されていたコントロールパネル内の設定項目「個人用設定」はWindows 10 バージョン1703で「設定」に統合されました。

コントロールパネルからは無くなってしまったため、デスクトップテーマや壁紙を変更する場合には「設定」から設定するようにしましょう。

tsukumo180529

※こちらのブログ記事はブログに掲載した時点の情報に基づいて作成されています。

自作前の起動診断サービスのご案内

自作前の起動診断サービス
▲自作前の起動診断サービスについて
 詳しくはこちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

自作前の起動診断サービスは、 ツクモでご購入いただいたPCパーツ一式を、 お持ち帰りいただく前に起動確認を行なうサービスです。 マザーボード、CPU、メモリ、グラフィックボード、電源ユニットを使用した最小構成で、 BIOSのアップデート作業と基本設定を実施します。

お持ち帰りの前にBIOSのバージョンやパーツの相性、初期不良の確認を行ない、 万が一のトラブルの際の手間を減らすことができるため、お持ち帰り後に安心して組み立てることができます。 起動確認後は、CPUを取り付けたままの状態でのお渡しもでき、CPUの取り付けが不安な方にもおすすめです。

自作パソコンが初めてのお客様にはもちろんですが、 自作パソコンはベテランだけど初期不良があると色々と面倒だな考えているお客様にもおすすめ のサービスです。

相性や初期不良が不安な場合には、 ツクモの自作前の起動診断サービスをぜひご利用ください。

自作前の起動診断サービス: 料金1,500円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,000円(税別)

※自作前の起動診断サービスは、店舗サポートでのみのサービスになります。
※BIOSのアップデート作業と基本設定が不要な場合は「起動確認のみ」をご利用下さい。

自作前の起動診断サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 5月22日号

ツクモのサポートブログ

増設メモリ取付け工賃 1,000円引きキャンペーン【期間限定:5/1(火)~6/30(土)】

201805_MemoryZousetsu-s.jpg
▲増設メモリ取付け工賃半額キャンペーン
 について詳しくはこちらをクリック!
 (詳細ページに移動します)

「メモリを増やしたいけど、パソコンを開けて作業するのは不安」
「メモリを増設したいけど、取り付けするのが手間なのでやってほしい」

そんなお客様におすすめなのが、ツクモの増設メモリ取付けサービスです。

その「増設メモリ取付けサービス」が crucial(クルーシャル)」製の対象メモリを同時にご購入で料金がお得になるキャンペーンを実施中です。 交換用のメモリとしてcrucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入いただきますと、 取付け工賃がキャンペーン非対象のメモリを増設するときよりも1,000円(税別)引きになります。 パソコンのパワーアップをご検討中の方はこの機会をぜひご利用ください!

増設メモリ取付けサービス: 料金2,000円(税別) crucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入の場合
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,500円(税別)crucial(クルーシャル)製の対象メモリを同時にご購入の場合)

※上記料金に加えてメモリ代金が別途必要になります。

増設メモリ取付けサービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら

サポート情報 5月15日号

ツクモのサポートブログ

Microsoftアカウントの新規作成は、新しいメールアドレスを取得して作成しよう rev.2

※こちらの記事は2017年1月17日掲載「Microsoftアカウントの新規作成は、新しいメールアドレスを取得して作成しよう」を最新の情報に改訂したものです。

今回はWindowsを利用していると目にすることの多くなったMicrosoftアカウントについてです。 Windows 10そのものでは絶対に必要にはなってはいませんが、 最新のMicrosoft Officeを利用するためにはMicrosoftアカウントが必須になっています。

Microsoftアカウントとは:Microsoft社のOfficeやオンラインサービスを利用するために必要なアカウントです。 Windows 8以降では、Windowsの一部機能を利用するために必要になることがあります。 Apple社のMacintoshやiPhoneでいうところのApple IDに相当するものです。

ツクモではMicrosoftアカウントを新規に作成するときには、 Microsoft社のウェブメール「Outlook.com」で新しいメールアドレスを取得しての作成をおすすめしています。 (初期設定サービスをご依頼いただいた場合も、新しいメールアドレスを取得しての作成をご案内しております)

これは既存のメールアドレスで作成しようとすると都合がよくない場合があるからなのですが、 具体的に次のような事例があります。

  • 設定したメールアドレスでメールの受信がすぐにできないと、アカウントの作成が完了できないことがある
  • プロバイダメールで作成して引っ越して解約したときや、携帯キャリアのメールアドレスで作成して変更したときなど、 同一のメールアドレスが使用できなくなった際に、Microsoftアカウントに登録したメールアドレスの登録を変更しなければならなくなる

※GoogleのGmailやヤフーのYahoo!メールなど、ウェブメールの場合にはこの影響は小さいか若しくは影響はありません

このように、既存のメールアドレスを使用すると、Microsoftアカウントの作成や設定変更でたいへん手間がかかってしまう場合があります。 そこで、Outlook.comでメールアドレスを新規取得してMicrosoftアカウントを作成すると、 上記のような事態を避けられるというわけです。手順はそんなに難しくありません。 アカウント作成画面で「新しいメールアドレスを取得」をクリックすると、 新しいOutlook.comのメールアドレスを新規取得してMicrosoftアカウントの作成ができます。

※下記の画像は一例です。アプリケーションやウェブサービスによって作成時の画面が異なる場合があります。

「新しいメールアドレスを取得」をクリック
アカウントの作成画面で「ユーザー名」欄の下の「新しいメールアドレスを取得」
(赤線部)をクリックします。
欄内に取得したいメールアドレスの@より前を入力
「ユーザー名」欄が切り替わったら、欄内に取得したいメールアドレスの@より前を
入力します。@より後はプルダウンメニュー(青線部をクリック)から選択できます。

下記URLのMicrosoftアカウントの作成ページにも画像入りで手順が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

Outlook アカウントを作成し、それを利用する方法 - Microsoft アカウント登録手続き
https://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/signup/hotmail.aspx

メールアドレスを新しく取得してMicrosoftアカウントを作成することで、すぐに利用開始でき、メールアドレス変更の手間もかからず便利です。ぜひご利用下さい。

tsukumo180515

データ移行サービスのご案内

201805_dataikou-s.jpg
▲データ移行サービスについて詳しくは
こちら

「今までのパソコンからデータを移動したいけど、移動のやり方が分からない」
「移すデータがたくさんあって、移動させるのが大変」

そんなお客様におすすめなのが、ツクモの「データ移行サービス」です。 「データ移行サービス」はご購入いただきました新しいパソコンに、 今までのパソコンのデータを移行するサービスです。

追加オプションにて、 外付けHDD化サービス追加料金5,000円(税別)+HDDケース代金)もあり、HDDを再利用できるようにすることも可能です。

パソコンのお買い替えをご検討中の方におすすめのサービスです。ツクモのデータ移行サービスをぜひご利用ください!

データ移行サービス: 料金10,000円(税別) より
(ケイタイdeポイント未入会の場合 11,000円(税別) より

※移行するデータ量に応じて料金が異なります。

データ移行サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!
ツクモサポートセンターへのアクセスはこちら