お問合せ先はこちら 052-263-1655

eX.computerアーカイブ

3連休限定!

10万円(税込)以上のeX.computerシリーズご購入で

通常ポイントより2,000ポイント増量致します!

3REN.png

デスクトップPC / ノートPC もちろんどちらでもOK

P1420469.JPGP1420470.JPG

ポイントはその場ですぐにご利用可能。

モニターやマウス・キーボードなど一緒にご購入する際に使えばお値打ちに♪

この機会をぜひご利用下さい。

【G-GEAR】RTX!RTX!BTOでも登場!

とうとう出ましたRTX2000シリーズ!ゲームの分野以外にも期待されているこのGPUを

早速、BTOでも登場したのでカスタマイズしてみました♪

今回はコレくらいの構成でどのくらいの価格かな~というのを見ていきます☆

ベースはこちら!

blog10.JPG

N1586J-700T_SP1.jpg

ツクモオリジナルゲーミングパソコンのフラッグシップモデル登場!
液晶パネルはリフレッシュレート120Hz駆動を可能とし、キーボードバックライトも
マルチカラーへ対応いたしました!
性能だけではなく、そのディテールも美しく生き返った新モデルです!

SSD標準搭載高性能かつ低価格なツクモオリジナルモデル

N1503K-310_T.jpgN1503K-310T_8G.jpgN1503K-520_T2.jpgN1503K-730_T2.jpg

いずれもメインドライブはSSDとなっておりWindows10もプログラムも高速起動!
WiFiの無線LANDVDスーパーマルチも標準搭載で外付け不要です!
第8世代の intel CPU搭載パソコンを是非おためしください!

intel Core i7-8750H採用 6コア/HT対応モデル

N1545K-700_T.jpgN1545K-700T_WE2.jpgN1545K-710_T.jpg
intel のヘキサコアCPU「Core i7-8750H」採用の15.6インチノートパソコン
グラフィックにNVIDIA GeForce GTX1050 も搭載されていますので
動画の編集などクリエイティブなご利用用途もお任せください!

NVIDIA GeForce GTX1050Ti搭載ゲーミングノートパソコン

N1565J-710T_SP1.jpg
FPSゲームで遊ぶには設定の調整などが必要となるかもしれませんが
MMORPGなど極端に重たくない3Dゲームであれば十分に動かすことのできるモデルです
SSDとHDDのダブルドライブ+NVIDIA GeForce GTX1050Ti搭載です!

コスパ抜群!台数限定のハイエンドモデル!

CTO2118082702472.jpg

拡張性重視のATXケース 本格ゲーミング仕様モデルが多数あります!

GA7J-D180T_CP1.jpgGA7J-E180T_OS1.jpgGA7J-E180T_CP1.jpg
CPU Core i7-8700以上のCPU搭載のゲーミングモデル!!
NVIDIA GeForceGTXシリーズが採用されていますので
快適なゲーミングライフをご提供できます!

小さいボディでとってもパワフル グラフィック搭載 省スペース型ゲームモデル

GI5J-C180T_CP1.jpgGI7J-B92ZT_VC1.jpgGS5J-B180ZT_PU1.jpg

事務作業や画像・動画の編集を中心としたオフィスワークにお勧めモデル

MS3J-A91T_SP1.jpgRM5J-B91T_CP2.jpgRS3J-B180T_CP1.jpgRM5J-B180T_CP1.jpgRM5J-B180T_SP1.jpg

こんにちは。

今回は主にG-GEARで使用されているSSD、HDDの速度計測してみました。(3種類 )

※速度計測ソフト「CrystalDiskMark 6.0.1」を使用

最も標準的なウェスタンデジタル製のGreenに属するWDS240G2G0Aを計測

wd green 240 速度.png

ライト速度は遅めですがそれでも4KライトなどはHDDと比較しても十分な速度が出ているのが分かるかと思います。

次に1ランク上のBlueに属しているWDS500G2B0Aを計測

wd blue 500 速度.JPG

早い!2.5インチタイプのSATA接続SSDの中でも上々の速さ♪最新の3D NANDが使用されているので長期的に安定した運用が期待できるのもおすすめポイント!

次にHDD

こちらは東芝製1TB HDDのDT01ABA100V

TOSHIBA HDD DT01ABA100V 速度.JPG

シーケンシャルライトが157.3MB/sとSSDのWD Greenよりも上回っています!

ですが4Kランダムはライト、リード共にさすがに分が悪いですね

データ倉庫としての利用頻繁に読み出しを行わないゲームなど用途を選べば大容量を生かせます!

♪G-GEARで使用されるパーツの多くは超が付く程、有名なメーカーのものばかりが使用されています♪

世界有数のストレージメーカーウェスタンデジタル社

日本でその名を聞かないということはない東芝社

コストもパフォーマンス妥協したくない!そんな方にはG-GEARですね♪

みなさん!もうこちらの記事はお読みになりましたか?

https://game.watch.impress.co.jp/docs/review/1138014.html

一狩り行くためのPCについて詳しくレビューされてるのですが、これが最高画質だとなかなか重い!!

フルHD最高画質で遊ぶなら

・CPU:Core i7-8700

・メモリ:16GB

NVIDIA GeForce GTX 1080

辺りあれば安定して60FPS以上キープできる事を踏まえG-GEAR neoでBTO構成作ってみた☆

g-gearneoblog1.JPG

こんにちは!ちゃんです!

今日はハイエンドゲームPCにふさわしい、人気のマザーボードやパーツを使用した
ツクモの最上位フラッグシップモデル『G-GEAR neo』を ご紹介!!
といっても、普段はCPUやマザーボード、グラフィックボードといった
メインパーツを紹介するのですが、今回は採用している"PCケース"の凄さを
ちょっと取り上げてみようかなと思います。

まず『G-GEAR neo』で採用しているPCケースは

COOLERMASTER製

CM690Ⅲ CMS-693-KKN1-JP

です。発売以降、自作パーツにおいて圧倒的な人気で売れ続けている PCケースです。
うちのパーツスタッフも、お客様がPCケース選びに迷ったら まずこのケースを
おススメするっていうくらいの安定の定番PCケースなのです。

売れている理由としては・・・ ・
●ブランド力
●スタイル製
●拡張性
と様々ですが、パッと見ただけでは分からない凄さを秘めているので
この辺りをちょっとご紹介!

3.5インチHDDや2.5インチSSD/HDDを搭載できる数は
●内部3.5/2.5インチ共用×7 ●内部2.5インチ×3

IMG_8264.JPG

写真では2.5インチベイが4基、3.5インチベイが3基ですが
実は、2.5インチベイ時のステイを動かせば、
3.5インチベイが 4基+3基の合計7基となる仕組みとなっています。
※ステイそのものを取り外せば、最大423mmまでの拡張カードを
 搭載できるスペースを確保できます。
 その分SSD/HDDの搭載数は少なくなりますが・・・

内部1.pngIMG_8265.JPG

SSD/HDDを固定するトレイは、横幅が伸縮する構造になっており
2.5インチベイ/3.5インチベイ両方で使用することが可能。
もちろん 3.5インチの状態にしても2.5インチのSSDを取り付けられるので
心配ご無用!!

内部2.png

こんなにHDDが搭載できるのに、まだ欲張ってしまう方には・・・

なんと!5.25インチベイの裏、ケース底面部、マザーボードトレイの裏側の
合計3か所に2.5インチのSSD/HDDを搭載することが可能なのです!!

これだけSSD/HDDが搭載できるケースなら問題ないでしょ(笑)

ということで、HDDを沢山搭載したい!でも、ケース全体のエアフローや
SSD/HDDの熱処理なども考えたいという方にはオススメなのです!

その他のオススメのポイントは・・・
●ケース上面には電源ボタン、USB3.0/USB2.0ポートがそれぞれ2ポートずつ
 さらにUSBメモリやSDカードなどを保管できる小物置き場も搭載

IMG_8268.JPG

●フロントには200mmの大型ファンを搭載  
 強力なエアフローと静音性を両立しています!!  
 上部と左側面にも別途200mmファンを搭載できます。

bundled fans.jpg

●120mm/240mmサイズの水冷ラジエーターにも対応
●高さ171mmまでのCPUクーラーにも対応

とかくゲーミングPCを選ぶ時には、CPUやメモリ、グラボなどを 重点的に考えがちですが
将来的な拡張性や熱処理などを考えると 実はケースもしっかり考えなくてはならないパーツなのです!!

ということで、ゲーミングPCを選ぶなら、やっぱり

G-GEAR neo

がおススメです!!