お問合せ先はこちら 052-263-1655

サポートコーナーよりアーカイブ

201805_dataikou-s.jpg

「今までのパソコンからデータを移動したいけど、移動のやり方が分からない」
「移すデータがたくさんあって、移動させるのが大変」

そんなお客様におすすめなのが、ツクモの「データ移行サービス」です。

「データ移行サービス」はご購入いただきました新しいパソコンに、

今までのパソコンのデータを移行するサービスです。

追加オプションにて、 外付けHDD化サービス追加料金5,000円(税別)+HDDケース代金

もあり、HDDを再利用できるようにすることも可能です。

パソコンのお買い替えをご検討中の方におすすめのサービスです。

ツクモのデータ移行サービスをぜひご利用ください!

データ移行サービス: 料金10,000円(税別) より
(ケイタイdeポイント未入会の場合 11,000円(税別) より

※移行するデータ量に応じて料金が異なります。

自作前の起動診断サービスは、 ツクモでご購入いただいたPCパーツ一式を、

お持ち帰りいただく前に起動確認を行なうサービスです。

マザーボード、CPU、メモリ、グラフィックボード、電源ユニットを使用した最小構成で、

BIOSのアップデート作業と基本設定を実施します。

自作前の起動診断サービスのおすすめポイントをご紹介いたします。

・初期不良や相性がないか分かる

BIOSまでの起動を確認することで、致命的な初期不良や相性による起動不良が

事前に分かるため、もしもの際の手間を減らせます。 持ち帰り後に安心して

組み立て作業にとりかかることができるようになりますので、

自作パソコンはベテランでも時間がなかなかとれないお客様にもオススメです。

・CPUを取り付けた状態で持ち帰りができる

主にIntel CPUで採用されているLGAソケットはマザーボード側にピンがあり、

取り付けに失敗してピンを破損させてしまうと、 基本的にはマザーボードの

保証対象外となりメーカーの保証が受けられません。 また、保証が受けられる

マザーボードであったとしても、メーカーでの修理となるため、戻ってくるまで

1ヶ月以上かかることがあります。

そこで、自作前の起動診断サービスではCPUを取り付けた状態でのお渡しができますので、

CPUの取り付けが不安なお客様にオススメです。 CPUを取り付ける料金が

含まれていてお得になっています。

(別途CPU取付サービスのお申し込みの必要はございません。)

・BIOSアップデートができる(「起動診断のみ」の場合は行ないません)

マザーボードのCPU対応表に載っているCPUでもBIOSが古くて対応していないと動きませんが、

BIOSをアップデートをして起動確認ができますので、 BIOSバージョンがCPUに

対応しているか不安な場合にもオススメです。また、AMD CPUの場合にはBIOSアップデートに

よってAGESAのバージョンが上がると、 変更可能なメモリの設定内容が増える等の

機能追加がされたり、安定性が向上したりすることがあります。

そんなBIOSアップデートは従来どおりリスクが伴う作業となりますが、

ツクモのスタッフがアップデート作業を行なうので安心です。 また、BIOSアップデート

だけを行なう「BIOS書き換えサービス」は料金2,500円(税別)ですので、

金額面もお得になっています。

・ドライブの認識確認ができる(追加オプション)

追加料金500円(税別)で、SSD、HDD、光学ドライブがBIOSで認識されているか

どうかの確認も承っております。 これによってケース以外のパーツ一式での

起動診断ができます。また、M.2端子のSSDはマザーボードに取り付けた状態で

お渡しができます。 はじめてのお客様にも、ベテランのお客様にもおすすめのオプションです。

自作パソコンのパーツ一式をご購入の際は、 ツクモの「自作前の起動診断サービス」をぜひご利用ください。

自作前の起動診断サービス: 料金1,500円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,000円(税別)

※自作前の起動診断サービスは、店舗サポートでのみのサービスになります。
※BIOSのアップデート作業と基本設定が不要な場合は「起動確認のみ」をご利用下さい。

今日はWindowsUpdateの日ですね。折を見て。

ゲーミングモニターにはゲームに特化した様々な機能が搭載されていますが、

中には表示内容に大きく手を加える機能もあり、

機能のことを知らずにモニターをみると「すわ、故障か!?」(←古風な表現)と

思ってしまうものもあります。

まずは、ツクモ池袋店Twitterから事例を紹介いたします。

Tweetでも言及されていますが、右上のモニター「MSI MAG27CR」のFPSモードにより、

1つ目の画像では緑色部分が灰色になっています。 2つ目の画像ではオフになったことにより、

正常に表示されています。

このように、ゲーミングモニターにはゲームにあわせて視認性が要求されるゲームに特化した

発色表示にするものがあり、 その機能によりここまで表示が変わるというわけです。

MSI社のモニターについては、下記MSI社のブログ記事(英語)に詳しいので気になる方はご覧になってみてください。

THE AMAZING DISPLAY MODE OF MSI'S GAMING MONITOR
https://www.msi.com/blog/the-amazing-display-mode-of-msi-gaming-monitor

このようにゲーミングモニターには、発色を変えたり、明るさを変えたりする機能が搭載されています。

今回はMSI社のモニターの事例でしたが、ASUS社やGIGABYTE社のゲーミングモニターでも

同様に表示に手を加える機能があります。

ゲーミングモニターの表示がおかしいと思ったら、設定を確認し、不明な点があれば

メーカーサポートにも問い合わせてみるようにしましょう。

※こちらのブログ記事はブログに掲載した時点の情報に基づいて作成されています。

暑中見舞い申し上げます。最近暑い日が続いています。皆様ご自愛くださいませ。

自作前の起動診断サービスは、 ツクモでご購入いただいたPCパーツ一式を、

お持ち帰りいただく前に起動確認を行なうサービスです。

マザーボード、CPU、メモリ、グラフィックボード、電源ユニットを使用した最小構成で、

BIOSのアップデート作業と基本設定を実施します。

自作前の起動診断サービスのおすすめポイントをご紹介いたします。

・初期不良や相性がないか分かる

BIOSまでの起動を確認することで、致命的な初期不良や相性による起動不良が事前に分かるため、

もしもの際の手間を減らせます。 持ち帰り後に安心して組み立て作業に

とりかかることができるようになりますので、 自作パソコンはベテランでも時間が

なかなかとれないお客様にもオススメです。

・CPUを取り付けた状態で持ち帰りができる

主にIntel CPUで採用されているLGAソケットはマザーボード側にピンがあり、

取り付けに失敗してピンを破損させてしまうと、 基本的にはマザーボードの

保証対象外となりメーカーの保証が受けられません。 また、保証が受けられる

マザーボードであったとしても、メーカーでの修理となるため、

戻ってくるまで1ヶ月以上かかることがあります。

そこで、自作前の起動診断サービスではCPUを取り付けた状態でのお渡しができますので、

CPUの取り付けが不安なお客様にオススメです。 CPUを取り付ける料金が含まれていて

お得になっています。(別途CPU取付サービスのお申し込みの必要はございません。)

・BIOSアップデートができる(「起動診断のみ」の場合は行ないません)

マザーボードのCPU対応表に載っているCPUでもBIOSが古くて対応していないと

動きませんが、BIOSをアップデートをして起動確認ができますので、 BIOSバージョンが

CPUに対応しているか不安な場合にもオススメです。また、AMD CPUの場合にはBIOS

アップデートによってAGESAのバージョンが上がると、 変更可能なメモリの設定内容が

増える等の機能追加がされたり、安定性が向上したりすることがあります。

そんなBIOSアップデートは従来どおりリスクが伴う作業となりますが、

ツクモのスタッフがアップデート作業を行なうので安心です。

また、BIOSアップデートだけを行なう「BIOS書き換えサービス」は料金2,500円(税別)ですので、

金額面もお得になっています。

・ドライブの認識確認ができる(追加オプション)

追加料金500円(税別)で、SSD、HDD、光学ドライブがBIOSで認識されているか

どうかの確認も承っております。 これによってケース以外のパーツ一式での

起動診断ができます。また、M.2端子のSSDはマザーボードに取り付けた状態で

お渡しができます。 はじめてのお客様にも、ベテランのお客様にもおすすめのオプションです。

自作パソコンのパーツ一式をご購入の際は、 ツクモの「自作前の起動診断サービス」をぜひご利用ください。

自作前の起動診断サービス: 料金1,500円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,000円(税別)

※自作前の起動診断サービスは、店舗サポートでのみのサービスになります。
※BIOSのアップデート作業と基本設定が不要な場合は「起動確認のみ」をご利用下さい。

自作前の起動診断サービスのお申し込みは、ツクモサポートセンターまで!

ASRock社製マザーボード

「X570 Phantom Gaming X」および

「X570 Taichi」のフロントUSB Type-C

内部ケーブル無償提供について

詳しくは上記↑をクリック。

対象のマザーボードお持ちの方(弊社購入でASK仕入れの物)は

株式会社アスク サポートセンター

電話:03-5215-5652(お休み:月曜12時~14時、火曜から金曜12時~13時、

土日、祝祭日、特定日)まで。まずは取り急ぎ

今年もあと半年というより2010年代があと半年で終わってしまうのですよ。

2010年と言えばグランパスが初優勝したり中日とロッテで日本シリーズをやったり

もうそんなに経つのか...

自作前の起動診断サービスは、 ツクモでご購入いただいたPCパーツ一式を、

お持ち帰りいただく前に起動確認を行なうサービスです。

マザーボード、CPU、メモリ、グラフィックボード、電源ユニットを使用した最小構成で、

BIOSのアップデート作業と基本設定を実施します。

自作前の起動診断サービスのおすすめポイントをご紹介いたします。

・初期不良や相性がないか分かる

BIOSまでの起動を確認することで、致命的な初期不良や相性による起動不良が

事前に分かるため、もしもの際の手間を減らせます。 持ち帰り後に安心して組み立て

作業にとりかかることができるようになりますので、 自作パソコンはベテランでも

時間がなかなかとれないお客様にもオススメです。

・CPUを取り付けた状態で持ち帰りができる

主にIntel CPUで採用されているLGAソケットはマザーボード側にピンがあり、

取り付けに失敗してピンを破損させてしまうと、 基本的にはマザーボードの

保証対象外となりメーカーの保証が受けられません。 また、保証が受けられる

マザーボードであったとしても、メーカーでの修理となるため、戻ってくるまで

1ヶ月以上かかることがあります。

そこで、自作前の起動診断サービスではCPUを取り付けた状態でのお渡しができますので、

CPUの取り付けが不安なお客様にオススメです。 CPUを取り付ける料金が含まれていて

お得になっています。(別途CPU取付サービスのお申し込みの必要はございません。)

・BIOSアップデートができる(「起動診断のみ」の場合は行ないません)

マザーボードのCPU対応表に載っているCPUでもBIOSが古くて対応していないと動きませんが、

BIOSをアップデートをして起動確認ができますので、 BIOSバージョンがCPUに

対応しているか不安な場合にもオススメです。また、AMD CPUの場合には

BIOSアップデートによってAGESAのバージョンが上がると、 変更可能なメモリの

設定内容が増える等の機能追加がされたり、安定性が向上したりすることがあります。

そんなBIOSアップデートは従来どおりリスクが伴う作業となりますが、

ツクモのスタッフがアップデート作業を行なうので安心です。

また、BIOSアップデートだけを行なう「BIOS書き換えサービス」は

料金2,500円(税別)ですので、金額面もお得になっています。

・ドライブの認識確認ができる(追加オプション)

追加料金500円(税別)で、SSD、HDD、光学ドライブがBIOSで認識

されているかどうかの確認も承っております。 これによってケース以外の

パーツ一式での起動診断ができます。また、M.2端子のSSDはマザーボードに

取り付けた状態でお渡しができます。 はじめてのお客様にも、

ベテランのお客様にもおすすめのオプションです。

自作パソコンのパーツ一式をご購入の際は、 ツクモの「自作前の起動診断サービス」をぜひご利用ください。

自作前の起動診断サービス: 料金1,500円(税別)
(ケイタイdeポイント未入会の場合 2,000円(税別)

※自作前の起動診断サービスは、店舗サポートでのみのサービスになります。
※BIOSのアップデート作業と基本設定が不要な場合は「起動確認のみ」をご利用下さい。