【サポートブログ】グリスの塗り過ぎにご注意

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
ツクモのサポートブログ

グリスの塗り過ぎにご注意

CPUクーラーについているグリスの一例
CPUクーラーについているグリスの一例

梅雨も開けて気温も高くなり、CPUクーラーの交換を検討される方も多い時期になりました。そこで、サポートでもお問い合わせいただくことの多いCPUのグリス(サーマルグリス)についてのご案内です。

CPUクーラー取付の必需品のCPUグリスですが、リテール品のCPUに付属のCPUクーラーにはあらかじめグリスが塗布されているため、意外と自分で塗り直す機会は少ないものです。

逆に単体販売されているサードパーティー製のクーラーでは、クーラーに付属のグリスを自分で塗るようになっていることが一般的です。CPUに付属のクーラーのグリスを自分で塗り直しする場合でも同じことが言えますが、CPUのグリスは多過ぎても少な過ぎてもいけません。

【塗り過ぎの例】
塗り過ぎの例

グリスを一本使い切る勢いで使用すると、左の画像のような状態になります。 ヒートスプレッダからはみ出たグリスがCPUソケット内にまで浸入しかねない危険な状態です。 ソケット内にグリスが浸入すると、動作不良や故障の原因になるほか、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。

CPUクーラーについているグリスの一例
このくらいの用量でも...
CPUクーラーについているグリスの一例
ご覧の通り不足はありません。

グリスの用量・塗り方にはいくつか手法があり、ヘラを使って薄く塗る方法が広く知られていますが、グリスの厚みを考慮しないといけないのが難点です。

サポートセンターでオススメしている方法は、上の画像のようにCPUの中心に米粒2~3粒分程度を盛り、ヘラは使わずに直接CPUクーラーを取付けて、ヒートシンクで自然に押し広げる方法です。 この方法なら適量をCPUの中央に盛るだけで済みますので、失敗も少なく簡単でオススメです。

CPUクーラーの取り替えの際に、ぜひお試し下さい。