Arctis2019と旧モデルって何が違うの?

  • 投稿日:
  • by

ゲーミングデバイス専門ブランド「Steel Series」がゲーミングヘッドセット「Arctis」の2019モデルの発売されたので

旧Arctisモデルと2019 Arctisを紹介していきたいと思います。

こちらの商品は、旧Arctisモデル製品のユーザー要望に答えた商品になっています。

旧Arctisモデルと改良された点がいくつかあるので、今回は改良された点をいくつか紹介していきます。

まず、初めはヘッドセットで大事なつけ心地からスタート!

・AirWeave(イヤークッション)が2mm程厚くなりました。

イヤークッションが薄かったので人によっては、スピーカードライバーが耳に当たるというユーザーの声から改善されました。

※Acrits5 2019モデル

ダウンロード (3).png

※旧Acrtis5

ダウンロード (2).png

・イヤーカップに搭載されているボリュームやチャット音声とゲームサウンドのバランスを調整する

「ChatMix」のコントロールダイヤルが小さくなり、固くなりました。

コントロールダイヤルが緩く、勝手に動いてしまったり、

何かにあたって音量が変わるというなどの誤操作してしまう場合があったので、大変ありがたい変更になっております。

※Chatmix

purchase-gallery_a5-chatmix-top.png__1850x800_q100_crop-scale_optimize_subsampling-2.png

・Arctis 7のヘッドバンドがArctis Pro設計に変更しました。

Arctis 7のみの変更になりますが、大きめの頭のサイズや形状に対応し、より優れた快適性を発揮するようになりました。

他にも、オートシャットダウンまでの持続時間を制御可能になりました。(SteelSeries Engineで設定変更可能)

・Arctis5とArctis7がDTS Headphone: X v2.0に対応(旧Arctisでもアップデートすれば対応可能)

Artis5,7は、より低域のサウンドが出るようにアップデートされ、DTS Headphone: X v2.0に対応するようになります。

ただし、旧Arctis5,7モデルでも「SteelSeries Engine」を通じたアップデートによって、新モデルのパフォーマンスを体験することができます。

・Arctis3のメインケーブルが変更

Arctis 3のメインケーブルが、4極のシングルプラグに変更され、3極のデュアル用の変換/延長ケーブルが同梱されます。

この変更によって、Arctis 3のケーブルシステムが、よりシンプルになりました。

※製品詳細

006.png

Arctisモデルは、大変人気な商品なのでヘッドセットを考えてる人は参考にしていただけると嬉しいです。

以上、Arctis2019モデルと旧Arctisとの変更点記事でした!