【サポートブログ】S.M.A.R.T.の生の値には注意

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
ツクモのサポートブログ

S.M.A.R.T.の生の値には注意

HDDの健康状態の確認に使われるS.M.A.R.T.(スマート)ですが、 生の値はHDDのメーカーによって固有の様式になっています。 そのため、生の値だけ見ると異常と思えるようなHDDもありますが、実際には正常な場合がほとんどです。

例えば、SeagateのHDDではリードエラーレートやシークエラーレート、ハードウェアECC検知エラー回数、エアフロー温度、温度、などがかなり大きい値が表示されます。

CrystalDiskInfoでSeagateのHDDのS.M.A.R.T.(スマート)を表示した例
CrystalDiskInfoでSeagateのHDDのS.M.A.R.T.(スマート)を表示した例

こちらの画像の例では、温度の生の値は約944億ですが、摂氏だとすると例えば太陽の中心の温度の摂氏1300万度より遥かに高いことになってしまいます。 実際には摂氏30度なので、一般的な温度ということになります。

このように、S.M.A.R.T.(スマート)の生の値はそのまま読んでも意味がありません。 しかし、S.M.A.R.T.(スマート)はそのものには異常がないのに動作がおかしいと感じられる場合には、 HDDメーカーの検査ツールを使って確認するようにしましょう。主要なHDDメーカーのものをまとめてみましたので、ご確認ください。

Seatools(Seagate)

https://www.seagate.com/jp/ja/support/downloads/seatools/

Data Lifeguard Diagnostic(Western Digital)

https://support.wdc.com/downloads.aspx?p=3&lang=jp

Drive Fitness Test(HGST)

https://www.hgst.com/ja/support/hard-drive-support/downloads

※こちらのブログ記事はブログに掲載した時点の情報に基づいて作成されています。

tsukumo181106

最新チラシ情報(毎週金曜日の午後に更新)!

【クリックして必ずお読み下さい】チラシ掲載品注意事項

↓↓↓↓↓画像クリックで拡大します↓↓↓↓↓

表面

裏面