お問合せ先はこちら 03-3253-5599

オススメ商品アーカイブ

 

今回は先月発売されました、LG 【38UC99-W】のご紹介です!


38UC99-W  ¥147,963(税別)

スペック
  • 37.5インチ、AH-IPSパネル、解像度3840x1600、湾曲型、21:9ウルトラワイド
  • 接続端子 HDMI(ver 2.0)x2、DisplayPort(ver 1.2)x1、USB Type-Cx1
  • 壁掛け(VESAマウント) 100x100
  • スピーカー(Bluetoothオーディオ)  10Wx10W
  • 寸法(幅 × 高さ × 奥行)(mm)
  •    製品サイズ(スタンド込み)  897x466-576x230 高さ調整可能(110)
       製品サイズ(スタンドなし)  897x 394 x92
主な機能
  • HDCP2.2
  • フリッカーセーフ、ブルーライト低減モード
  • 1ms Motion Blur Reduction(黒挿入機能)
  • AMD FreeSyncテクノロジー
  • DAS(Dynamic Action Sync)モード
  • ブラックスタビライザー
  • Super Resolution+
  • Dual Linkup
  • Screen Split

細かいスペックやその他機能に関しては下記メーカーサイトを御覧ください!
LG 38UC99-W製品ページ 

37.5インチ、3840 × 1600(21:9)って・・・実際どうなの?

こちらが、38UC99-Wにメモ帳でテキスト(フォントサイズ20)を表示させた画面です。
ピンとこないかと思いますが、画素ピッチ(一つのドットのサイズ)が40型ワイドの4Kモデルと同等と考えれば分かりやすいかもしれません。


様々な使い方がありますが、ブラウザやソフトウェアを横に並べて作業領域を増やすという使い方をされる方が多いかと思います。
実際にウルトラワイドを使ってみて感じていることですが、
4Kモデルに比べて『ブラウザやソフトウェア横に並べる』という点においては優れていて使いやすく、
表示できる情報量も多くなるので作業がかなり はかど ります! (ブログ作成とかブログ作成とか)
ただし、ソフト等によっては使いにくかったり拡大表示しないと見えにくいものもあるかと思います。。。
なので事前に確認しておいていただいたほうがいいかもしれません。

更に21:9とは、シネスコサイズ(2.35:1)に近いため対応している映画を鑑賞するのに適しています!
※当たり前といえば当たり前ですが、対応していない動画等を最大画面で表示すると黒帯が出たりする場合もあります。

また、ウルトラワイドモニターでゲームをプレイしている方も多いかと思います!
ゲーミングモデルも出ていたりするので、需要は多そうです。
横の解像度が増える=見える範囲が広がるということなのでMOBAやFPSなど有利になるゲームもありますしね!


1つ注意点として、今回ご紹介している【38UC99-W】は4Kに近い解像度になっているため、
PCスペックも相応のものが必要で、4K出力が可能なPCが必須となり
推奨解像度で60Hz出す場合の端子はDP1.2以上 or HDMI2.0以上 or 映像出力対応USB Type-C(後述)が必要です!

大迫力のモニターはやっぱりパッケージも大迫力!?

左の画像がパッケージの正面見てA4用紙とA3用紙を比較用に並べた画像、
右の画像がパッケージ側面からA4用紙を比較用に並べた画像です。
実際にパッケージサイズを図ってみたところ、
おおよそ横幅 104cm 高さ 54cm 奥行き20.5cm でした・・・!!
製品自体の重量がスタンド使用時で9.3kgなのでパッケージ重量は約10kgになりそうです。。。
お車でないとお持ち帰りは厳しいかと思います。。。もちろん店頭にてご配送も承っておりますのでぜひご利用下さい!

(使いこなせれば)便利で豊富な機能!

更にこちらのモニターは機能も非常に豊富となっています!

 <Screen Split>
14種類の画面整列ができるLGのソフトウェアです。
最大で4分割が可能でレイアウトも選べるので、仕様用途に合わせてお選びいただけます!
ドラッグアンドドロップで簡単に整列させることが出来るので、例えばモニターの中心を境にタブ等を2つ並べたい時に
微調整する必要がないのでスムーズに作業ができます!

 <Dual Linkup機能(Picture by Picture機能)>
WindowsPCとMacPC、Blu-rayプレーヤー、ゲーム機などの機器を接続し、
モニター1台に同時に2つの機器の映像が表示できます。
※端子の組み合わせの相性があります
 HDMI1とHDMI2、DisplayPortとUSB Type-Cの組み合わせでは動作対象外

 <Super Resolution+ 超解像技術>
解像度の低い画像などのぼやけている映像を鮮明に見やすくする機能。
輪郭が強調されるので、設定項目の『シャープネス』と合わせて設定すれば文字を見るのにも有効です!

 <USB Type-C接続対応>
主にMacで採用が進んでいるUSB Type-CでPCからの映像信号と音声信号、データの転送が行えます。
また、USBデータ転送やUSB Power Deliveryにも対応しています。
※USB Type-C端子がついている=映像出力が行えるではありません
 DisplayPort Alternate Modeに対応している必要があります

 <DAS(Dynamic Action Sync)モード>
通常のモニターの場合、ビデオカードなどから受信した映像の信号をスケーラーチップで処理をしてから画面に写します。
しかし処理が挟まる分若干の遅延が発生してしまいます。
DASモードをオンにすることで、映像信号を直接画面に出力させるので遅延を抑えることができます

 <ブラックスタビライザー>
映像の暗くて見にくいところを認識して明るく補正してくれる機能。

 <AMD FreeSyncテクノロジー>
モニターのリフレッシュタイミングをPC側の描写タイミングに合わせる技術。
(非常に長くなるので詳細は割愛します。。。)

 <1ms Motion Blur Reduction>
映像の1フレーム1フレームの間にバックライトを消した真っ黒な画面を挿入するいわゆる『黒挿入』機能。
主に残像感が軽減されるので動きの激しいゲーム等で有用です。

 <OSDジョイスティック>

OSDジョイスティックで設定などの操作も楽々!
初めて触る方にとってはちょっと操作しにくいかもしれませんが、コツを掴めば誤操作が減りとっても使いやすいです!

ちょっと(?)お高いですが仕様用途によってはかなり はかど ります!

お値段も製品のサイズもビッグサイズですが、お問合わせも多い機種なのでやはり需要は多いのかと思います。
体感ではゲーム等より作業系でお考えのお客様の方が多いですね!
他モデルも含めて在庫の確認等をお電話でも承っておりますのでお気軽にどうぞ!
実機をご覧になりたい方は是非店頭までお越し下さい!

最後に・・・?


少し目を離した隙に別スタッフが・・・Σ(・∀・;)
こ、こういう使い方も出来ますよ!

※価格は税別金額となります。 商品代金は2017年03月27日現在の「価格」です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。  
高リフレッシュレートゲーミングモニター おすすめTOP3
~24インチ前後 1920 × 1080(Full HD)編~
BenQ ZOWIE
XL2540
スペック
  • 24.5インチ  1920 × 1080(Full HD)
  • DisplayPort × 1、HDMI v2.0 × 1、HDMI v1.4 × 1、DVI-DL × 1
  • Black eQualizer、Color Vibrance(色の鮮明さ)、VESAマウント(100×100)、S.Switch Arc&アイシールド付属
おすすめポイント
  • なんといっても、世界初!『ネイティブ』240Hz対応モニター!!
  • 144Hzとの違いが一目瞭然!?
  • ※1920×1080(Full HD)で240Hz出力する場合はDP1.2以上orHDMI2.0以上が必須です

BenQ ZOWIE
XL2411
スペック
  • 24インチ  1920 × 1080(Full HD)
  • DVI-DL × 1、HDMI × 1
  • Black eQualizer、VESAマウント(100×100)
おすすめポイント
  • 比較的安価な24インチ1920 × 1080(Full HD)144Hzモニター!!
  • これからPCでFPSを始める方、60Hzモニターからの買い替えにおすすめ!
  • ※1920×1080(Full HD)で144Hz出力する場合はDVI-DLが必須です

BenQ ZOWIE
XL2430
スペック
  • 24インチ  1920 × 1080(Full HD)
  • DVI-DL × 1、DisplayPort × 1、HDMI v1.4 × 2
  • Black eQualizer、Color Vibrance(色の鮮明さ)、VESAマウント(100×100)、S.Switch Arc付属
おすすめポイント
  • 24インチ1920 × 1080(Full HD)144Hzモニターの最上位クラス!世界中の大会での使用実績有り!
  • XL2411の上位機種に相当し、DP端子搭載、S.Switch Arc付属、デザインと操作性も向上!
  • ※1920×1080(Full HD)で144Hz出力する場合はDP1.2以上orDVI-DLが必須です

※価格は税別金額となります。 商品代金は2017年03月13日現在の「価格」です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。  
【パソコン本店地下】スタッフおすすめマザーボード
  • 12月になりました。遂に師走です。パーツもお買い得に購入できる季節です!
  • お買い物の参考になれば?という事で、11月の月間人気ランキングです。
  • やっぱりと言うか、何と言うか王道の機種が揃いました。

パソコン本店版人気マザーボードのご紹介♪

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・H170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133 x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×1、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×2、PCI×2
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1、M.2×1
・USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0×6(外部:2+内部ピン:4)、USB 2.0×6(外部:2+内部ピン:4)
・保証期間:1年

言わずと知れた定番中の定番モデル。説明も要らないくらいに知名度のある商品がランキングTOPとなりました。5X PROTECTION IIと呼ばれる(1)LAN機能用静電気保護回路の搭載、(2)電源ユニット等々トラブルから守る過電圧保護回路を搭載、(3)デジタル電源回路「DIGI+ VRM」搭載(4+2+1フェーズ)、(4)メモリを過電流から守る過電流保護回路の搭載、(5)一般的な製品の3倍の耐食性を持ち錆びにくいステンレス製バックパネルを同梱。(なんか前にも書いたな...)
 比較的安価ながらSATA EXPRESSやM.2ソケット、USBのType-Cポートを備え、音質もそこそこと、取りあえず欲しいなぁという機能が一通り入った非常にバランスのとれた製品です。
¥12,980 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・Z170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133~3400(OC) サポート x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×2(Dual時はx8/x8接続になります)、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×3
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1、M.2×1
・USB 3.1 (Type-A) + (Type-C Reversible) 各1
・USB 3.0×6(外部:4+内部ピン:2)、USB 2.0×8(外部:2+内部ピン:6)
・保証期間:1年

プチオーバークロックしつつ、ゲームをやるならおすすめの一枚で人気も高い製品。普通じゃ物足りないけど、R.O.Gシリーズ程は過剰だなぁ...と言う方のニーズに答えたシリーズです。
 高価すぎず,基本機能が充実したZ170 PRO GAMINGは、やはりツクモ各店で人気の一品となりました。上位シリーズである「R.O.G.マザーボード」の多機能さにはさすがに適いませんが,PCゲームで日常的に使う,あるいはオーバークロックを試みたうえでゲームに使っていくにあたって,必要十分な機能・要素は盛り込まれており、過不足なく使える一品です。
¥19,800 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・H170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133 x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×1、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×4
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1(SATA2ポートと排他)、M.2×1
・USB 3.1 (Type-A) + (Type-C Reversible) 各1
・USB 3.0×6(外部:2+内部ピン:4)、USB 2.0×8(外部:2+内部ピン:6)
・保証期間:1年

同率の2位でH170のGAMINGモデルがランクインしました。コストを抑えつつシングルGPUでゲーム環境を組むといったような用途向けの一品。「SLIは想定から外してok!」でも、ゲーミングPCとしての機能は捨て難い、コストは抑えつつ安定のゲームパソコンが作りたい方にとって、選びやすい価格帯&機能・要素を盛り込んだ製品です。
¥15,800 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・H170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133 x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×1、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×3、PCI X2
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1(SATA2ポートと排他)、M.2×1
・USB 3.1×8(外部:6+内部ピン:2)、USB 2.0×4(外部:0+内部ピン:4)
※USB3.1は、背面2ポートがGen2対応、他はGen1までとなります。
・保証期間:1年

ASUS1点張りの牙城を突き崩したのはMSIでした。過剰なスペックが要らない・費用対効果に優れた商品を探している方・ローコストに抑えたい方にとって、非常に強力な選択肢となりました。最近はあまり見なくなってきたPCIスロットも設け、背面はPS/2ポートが2種(キーボード用とマウス用)と法人様での使用も考慮した部分が見受けられます。そして、購入後3カ月間の【ピン折れ無償修理保証】の対象品でもあります。
¥8,980 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

価格は税別金額となります。 商品代金は2016年12月07日現在の「通常価格」です。
 店舗では対応CPUとのお得なセット割引も行っております。
ツクモパソコン本店地下には他にも人気のマザーボードが多数勢揃い!是非見比べてみてください!
皆様のご来店を心よりお待ちしております。  
【パソコン本店地下】スタッフおすすめCPUクーラー その2
  • CPUクーラーをリテールクーラーから変えてみたい...。
  • 商品がいっぱいあってどれを選んでいいかわからないなぁ...、とそんなお客様のために今回はリテールクーラーからの換装にオススメな入門向けCPUクーラーをご紹介します!

パーツフロアスタッフおすすめ入門CPUクーラー

  • 対応ソケット:LGA 1151/1150/1155/1156/1366/775
         FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2
  • 外形寸法(WxLxH):92 x 79 x 136 mm
  • 搭載ファン:92 mm直径、25 mm厚
  • ファン回転数:800 rpm ~ 2800 rpm
  • 取り付け方法:プッシュピン
リテールクーラーと同じくプッシュピンで取り付けるタイプの小型CPUクーラーでリテールからの乗せ換えに最適!
高さも136mmと小振りなのでミドルタワーやミニタワーケースでも搭載可能!
また92mmファンを追加することでデュアルファンにすることもでき手軽に冷却能力を上げれる点も◎
サイズの白虎と並んで小型サイドフローCPUクーラーの定番モデルです!
¥2,780 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

  • 対応ソケット:LGA 2011/2011v3/1151/1150/1155/1156/1366/775
         FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2
  • 外形寸法(WxLxH):130 x 83 x 160 mm
  • 搭載ファン:120 mm直径、25 mm厚
  • ファン回転数:400±200 rpm ~ 1400 rpm
  • 取り付け方法:バックプレート方式
今やCPUクーラー界のド定番となったサイズ製CPUクーラーの「虎徹」
価格に対する冷却能力のパフォーマンスが凄まじく、迷ったら選んでおけば間違いなし!
ただし、高さが160mmと少し高めなので取り付けられるケースが限られてしまうところが玉に瑕。
事前にお使いのケースに入るかどうかの確認をオススメします。
¥3,680 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

  • 対応ソケット:LGA 2011/2011v3/1151/1150/1155/1156/1366/775
         FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2
  • 外形寸法(WxLxH):143 x 98 x 160 mm
  • 搭載ファン:140 mm直径、13 mm厚
  • ファン回転数:700 rpm ~ 1300 rpm
  • 取り付け方法:バックプレート方式
虎徹よりもワンランク上の冷却能力、静音性をお求めの方にオススメの逸品♪
高さも虎徹と同等なので虎徹が入るケースであれば比較的そのまま使えます!
また、非常に取り付けが簡単なので初心者の方にも向いています。
さらにメモリとの干渉を抑えたモデルなので、高さがあるメモリとの干渉も少ない優等生です!
冷却能力をより高めた姉妹モデルH5 ULTIMATEという製品もございます。(ただしこちらはメモリとの干渉に注意が必要です。)
¥5,980 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

価格は税別金額となります。 商品代金は2016年11月30日現在の「販売価格」です。
ツクモパソコン本店地下には他にも人気のCPUクーラーが多数勢揃い!是非見比べてみてください!
皆様のご来店を心よりお待ちしております。  
【パソコン本店3F】スタッフおすすめPCケース
  • PCケースは自作PCの顔!
  • 種類がありすぎて何を選べばいいのか分からない!
  • そんな貴方に、最新の当店人気PCケーストップ3をご紹介します!

当店人気のPCケースおススメトップ3!!

Fractal Design
Define R5(FD-CA-DEF-R5-BK)

・ミドルタワー ATX対応
・CPUクーラー:最大180mmまで
・拡張カード:最大440mmまで
・水冷ラジエータ:最大420mmまで

防音性に優れた高密度吸音素材を使用!最高レベルの静音PCを実現します。
¥15,000 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

CoolerMaster
CM690 III(CMS-693-KKN1-JP)

・ミドルタワー ATX対応
・CPUクーラー:最大171mmまで
・拡張カード:最大423mmまで
・水冷ラジエータ:最大240mmまで

冷却性能と組み立てやすさが人気のベストセラーPCケース!
¥13,780 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

Thermaltake
VIEW27(CA-1G7-00M1WN-00)

・ミドルタワー ATX対応
・CPUクーラー:最大155mmまで
・拡張カード:最大410mmまで
・電源サイズ:最大180mmまで
・水冷ラジエータ:最大360mmまで

ガルウィング風デザインパネルを採用したPCケース!
¥7,480 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

価格は税別金額となります。 商品代金は2016年11月9日現在の「通常価格」です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。  
【パソコン本店3F】スタッフおすすめPCケース
  • PCケースは自作PCの顔!
  • 種類がありすぎて何を選べばいいのか分からない!
  • そんな貴方に、最新の当店人気PCケーストップ3をご紹介します!

当店人気のPCケースおススメトップ3!!

CoolerMaster
CM690 III(CMS-693-KKN1-JP)

・ミドルタワー ATX対応
・CPUクーラー:最大171mmまで
・拡張カード:最大423mmまで
・水冷ラジエータ:最大240mmまで

冷却性能と組み立てやすさが人気のベストセラーPCケース!
¥13,780 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

Fractal Design
Define R5(FD-CA-DEF-R5-BK)

・ミドルタワー ATX対応
・CPUクーラー:最大180mmまで
・拡張カード:最大440mmまで
・水冷ラジエータ:最大420mmまで

防音性に優れた高密度吸音素材を使用!最高レベルの静音PCを実現します。
¥15,000 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

Sharkoon
T3-W Blue(SHA-T3W-B)

・ミドルタワー ATX対応
・CPUクーラー:最大159mmまで
・拡張カード:最大385mmまで
・電源サイズ:最大250mmまで

青の他にも緑・赤の合計3色!冷却重視のゲーミング向けPCケース。
¥7,480 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

価格は税別金額となります。 商品代金は2016年9月28日現在の「通常価格」です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。  
【パソコン本店地下】スタッフおすすめマザーボード
  • マザーボードと言っても多種多様。事務用途向け、一般向け、ゲーミング向け等々
  • 種類がありすぎて何を選べばいいのか分からない!
  • と言う訳で当店人気のマザーボード4種をピックアップしてみました。

パソコン本店版人気マザーボードのご紹介♪

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・H170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133 x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×1、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×2、PCI×2
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1、M.2×1
・USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0×6(外部:2+内部ピン:4)、USB 2.0×6(外部:2+内部ピン:4)
・保証期間:1年

言わずと知れた定番中の定番モデル。5X PROTECTION IIと呼ばれる(1)LAN機能用静電気保護回路の搭載、(2)電源ユニット等々トラブルから守る過電圧保護回路を搭載、(3)デジタル電源回路「DIGI+ VRM」搭載(4+2+1フェーズ)、(4)メモリを過電流から守る過電流保護回路の搭載、(5)一般的な製品の3倍の耐食性を持ち錆びにくいステンレス製バックパネルを同梱。
 比較的安価ながらSATA EXPRESSやM.2ソケット、USBのType-Cポートを備え、音質もそこそこと非常にバランスのとれた製品です。基板選びに迷ったら、まずはコレ!と言える商品です。
¥13,980 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

GIGABYTE

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・H170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133 x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×1、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×1、PCI×3
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×2、M.2×1
・USB 3.0×8(外部:4+内部ピン:4)、USB 2.0×6(外部:2+内部ピン:4)
・保証期間:1年

国内ツクモ専売モデル。ベースモデルの「GA-H170-D3HP」から何気にコストの掛かるIntelチップによるUSB3.1 Type-A / Type-Cを排したモデルです。これ以外は上位の「-D3HP」と同様。お値段は先の「H170PRO」よりお買い得ですが、Intel GbE LAN chipを搭載し、Intel ギガビットLAN に対応しCFOSインターネット・アクセラレータ・ソフトウェアを同梱。サウンドチップは先のH170PRO「ALC887」に対して、「ALC1150」を搭載。SN比115dB(メーカー公称値)を誇ります。あと、細かいところですが「金メッキ15μ のCPUソケット設計」だったりします。電源回路は7フェーズです。
¥12,600 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・Z170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133~3400(OC) サポート x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×2(Dual時はx8/x8接続になります)、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×3
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×1、M.2×1
・USB 3.1 (Type-A) + (Type-C Reversible) 各1 ・USB 3.0×6(外部:4+内部ピン:2)、USB 2.0×8(外部:2+内部ピン:6)
・保証期間:1年

プチオーバークロックしつつ、ゲームをやるならおすすめの一枚で人気も高い製品。
 普通じゃ物足りないけど、R.O.Gシリーズ程は過剰だなぁ...と言う方のニーズに答えたシリーズです。
 今回から「PRO Clock」と名付けられたクロックジェネレータを新規採用。Haswell&Broadwell世代よりも細かいベースクロック調整を可能にしてます。他にもCPUの電圧制御を行う「TurboV Processing Unit」(TPU)や,電力供給を制御する「Energy Processing Unit」(EPU)といったASUSのゲーマー向けマザーボードで見られる機能も勿論搭載。これら3つのチップが連携することで,より安定性の高いオーバークロック動作が可能になりました。
 LANチップはIntel製の物理層である「I219-V」を搭載。静電気保護回路を3ステージも搭載してます。デジタル電源回路「DIGI+ VRM」も勿論採用。※フェーズ数は非公開ですが、見た感じは「-PRO」と似てました。
¥20,480 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

・ソケット形状:LGA1151
・Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron対応
・Z170チップセット搭載、ATXフォームファクタ
・対応メモリ:DDR4-2133~3866+(OC) サポート x4スロット(最大64GB)
・PCIe x16×2(Dual時はx8/x8接続になります)、PCIe x4(x16形状)×1、PCIe x1×3
・SATA 6Gb/s×6、SATA Express×3、M.2×1
・USB 3.1 (Type-A) + (Type-C Reversible) 各1 ・USB 3.0×8(外部:6+内部ピン:2)、USB 2.0×4(外部:0+内部ピン:4)
・保証期間:2年

AsRockのZ170チップ搭載マザー。サウンドはRealtek ALC1150搭載7.1ch対応、Purity Sound 2と呼ばれるASRock独自の機能で、ノイズ対策・ニチコン製コンデンサ・オーディオアンプを搭載して高品質な音をサポートしてます。LANチップはCPU負荷が少なく、高速で安定しているIntel I218Vを採用(1000BASE-T)。
 その他、CPUには日本のニチコン製12Kプラチナコンデンサを採用、Thunderboltコネクタ(ピンヘッダ・使用には別途アドオンカードが必要)もひとつ搭載と、同価格帯の中では、かなりコストの掛かった作りになってます。電源フェーズはこの価格のわりに10フェーズと充実。
 ついでに、やはり細かいですがDIMM スロット内・VGA PCIe スロットに 15μ ゴールドコンタクトを採用 (PCIE2)。端子の耐久性や寿命が飛躍的に伸び、ピンの腐食や接点不良の心配が軽減されます。
¥18,200 (※税別価格 店頭売価はお問い合わせください)

価格は税別金額となります。 商品代金は2016年9月19日現在の「通常価格」です。
ツクモパソコン本店地下には他にも人気のマザーボードが多数勢揃い!是非見比べてみてください!
皆様のご来店を心よりお待ちしております。  

□■ 清水貴裕OC初級講座 CPUクーラーを交換してみよう!■□~その3 CORSAIR H115i の性能を確かめてみる~

□■ 清水貴裕OC初級講座 CPUクーラーを交換してみよう!■□
~その3 CORSAIR H115i の性能を確かめてみる~


プロオーバークロッカー清水貴裕氏が、OC(オーバークロック)にてご紹介。
今回は初級講座として
「CPUクーラーを交換することで冷却性能を向上。どれだけOCできるか」
を実験してみます。

内容は・・・
1.純正リテールクーラーの冷却性能を確認
2.続いて「サイズ 虎徹」にクーラーを交換して性能差をチェック
3.さらに「CORSAIR H115i」にクーラーを交換して性能差をチェック
してみます。

今回は3.のCORSAIR H115iの性能確認を動画で紹介!


○● 動画内で使用されているPCパーツはこちら↓↓↓ ●○

さらなる冷却を求めるならば、行き着くのはやはり水冷!

・市販最強クラスの水冷キットがこのモデル。
メンテナンスフリーの水冷キットならば、思ったよりも導入は簡単。
280mmサイズのラジエータを採用したハイエンドモデルの性能は、動画の通り!


CPU水冷キット Hydro Series H115i (CW-9060027-WW)
ツクモ価格 ¥19,477(税込) [詳細・ご注文はこちら]


こちらのYoutubeチャンネル、YouTubeチャンネル「ツクモパソコン本店配信動画」では

ツクモパソコン本店動画配信

このほかにも商品紹介や、ツクモパソコン本店にて開催されたイベントの録画などをご覧いただけます。

撮影や、動画編集はツクモパソコン本店のビデオ関連の専門売場
「本店Ⅱ3F キャプチャ王国」が行っています。
家庭用ビデオカメラでは足らず、高性能なプロビデオカメラが必要な方。
パソコンを使ってビデオ編集。動画作品を作りたい方。
ただいま人気のネット動画配信を始めてみたい方。
ビデオ関連のお問い合わせはツクモキャプチャ王国にお申し付けください!

ツクモキャプチャ王国

□■ 清水貴裕OC初級講座 CPUクーラーを交換してみよう!■□~その2 SCYTHE 虎徹 の性能を確かめてみる~

□■ 清水貴裕OC初級講座 CPUクーラーを交換してみよう!■□
~その2 SCYTHE 虎徹 の性能を確かめてみる~


プロオーバークロッカー清水貴裕氏が、OC(オーバークロック)にてご紹介。
今回は初級講座として
「CPUクーラーを交換することで冷却性能を向上。どれだけOCできるか」
を実験してみます。

内容は・・・
1.純正リテールクーラーの冷却性能を確認
2.続いて「サイズ 虎徹」にクーラーを交換して性能差をチェック
3.さらに「CORSAIR H115i」にクーラーを交換して性能差をチェック
してみます。

今回は2.の「サイズ 虎徹」の性能確認を動画で紹介!


○● 動画内で使用されているPCパーツはこちら↓↓↓ ●○

CPUクーラーを交換してみるならば、ぜひ試していただきたい定番人気モデル!

・みんな大好き!サイズの「虎徹」だあぁ!
3,000円台というリーズナブルさをいい意味で裏切る性能を持ったCPUクーラー。
PC雑誌の賞の受賞歴もありまさに折り紙つきの定番人気モデルです。


CPUクーラー SCYTHE 虎徹 SCKTT-1000
ツクモ価格 ¥3,363(税込) [詳細・ご注文はこちら]


こちらのYoutubeチャンネル、YouTubeチャンネル「ツクモパソコン本店配信動画」では

ツクモパソコン本店動画配信

このほかにも商品紹介や、ツクモパソコン本店にて開催されたイベントの録画などをご覧いただけます。

撮影や、動画編集はツクモパソコン本店のビデオ関連の専門売場
「本店Ⅱ3F キャプチャ王国」が行っています。
家庭用ビデオカメラでは足らず、高性能なプロビデオカメラが必要な方。
パソコンを使ってビデオ編集。動画作品を作りたい方。
ただいま人気のネット動画配信を始めてみたい方。
ビデオ関連のお問い合わせはツクモキャプチャ王国にお申し付けください!

ツクモキャプチャ王国

清水貴裕OC初級講座 CPUクーラーを交換してみよう! ~その1 純正リテールクーラーの性能を確かめてみる~

□■ 清水貴裕OC初級講座 CPUクーラーを交換してみよう!■□
~その1 純正リテールクーラーの性能を確かめてみる~


プロオーバークロッカー清水貴裕氏が、OC(オーバークロック)にてご紹介。
今回は初級講座として
「CPUクーラーを交換することで冷却性能を向上。どれだけOCできるか」
を実験してみます。

内容は・・・
1.純正リテールクーラーの冷却性能を確認
2.続いて「サイズ 虎徹」にクーラーを交換して性能差をチェック
3.さらに「CORSAIR H115i」にクーラーを交換して性能差をチェック
してみます。

今回は1.の純正リテールクーラーの性能確認を動画で紹介!


○● 動画内で使用されているPCパーツはこちら↓↓↓ ●○

今回はクマのトレードマーク、ドイツのメーカー「Thermal Grizzly」の製品が登場。

・清水いち推し(シミオシ)のグリス「Kryonaut」
冷却性能を向上。液体窒素をつかう極冷にも対応する高性能グリス。
非導電性なので、ショートの心配がないので、実は初心者向けでもあるのです。
通常版と、小容量版があります。


CPUグリス Thermal Grizzly Kryonaut 1.5ml (TG-K-015-R)
ツクモ価格 ¥2,970(税込) [詳細・ご注文はこちら]


CPUグリス Thermal Grizzly Kryonaut 1g (TG-K-001-RS)
ツクモ価格 ¥1,018(税込) [詳細・ご注文はこちら]


・CPUの強化に。液体金属!「Conductonaut」
今回実験に使ったCPUは、通常のままだと、頻繁なクーラー交換の負荷で
内部のグリスが潰れて広がり、冷却性能が変わってしまい正確な検証ができません。
そこで使われているのが液体金属への交換作業。こいつは上級者向けなのでご注意を!


液体金属 Conductonaut (TG-C-001-R)
ツクモ価格 ¥2,138(税込) [詳細・ご注文はこちら]


こちらのYoutubeチャンネル、YouTubeチャンネル「ツクモパソコン本店配信動画」では

ツクモパソコン本店動画配信

このほかにも商品紹介や、ツクモパソコン本店にて開催されたイベントの録画などをご覧いただけます。

撮影や、動画編集はツクモパソコン本店のビデオ関連の専門売場
「本店Ⅱ3F キャプチャ王国」が行っています。
家庭用ビデオカメラでは足らず、高性能なプロビデオカメラが必要な方。
パソコンを使ってビデオ編集。動画作品を作りたい方。
ただいま人気のネット動画配信を始めてみたい方。
ビデオ関連のお問い合わせはツクモキャプチャ王国にお申し付けください!

ツクモキャプチャ王国