お問合せ先はこちら 03-3253-5599

液晶モニターアーカイブ

どうやって選ぶの?

リフレッシュレート・・・60Hz?144Hz?...240Hz?
※簡単にいえばリフレッシュレートとは紙芝居の枚数のようなものです。
 枚数が多ければ多いほど滑らかに見えます。詳しくはこちらで

プレイするハードやゲームによって変わりますが、まず家庭用ゲーム機では60Hzまでしかでなかったので144Hzモニターを選んでも
モニターの性能を活かしきれませんでした。※現在Xbox ONEでは120Hzに対応しているようです。
そのため60Hzを基準に選ばれることがほとんどです。
もちろんPCと兼用でリフレッシュレートの高いゲーミングモニターを使うのもアリですね!

PCで使う際には動きの激しいゲームやアクションゲームやオンライン対戦、特にFPSなどではリフレッシュレートの高いモニターが有利になるでしょう。(ゲームが対応している必要があります)
しかし、最近のゲームは処理が重くなっているものが多く、その分PCのスペックが求められます。
PCを購入する際や、パーツをアップグレードするときにはどのくらいの性能が欲しいのか事前に調べておきましょう。

TNパネル?IPSパネル?...VAパネル?
TNパネル→色再現性や視野角は良くないが、応答速度の面で非常に優秀なためゲーム向き
IPSパネル→色再現性に一番優れていて、視野角も優秀
VAパネル→色再現性、コントラスト、視野角に優れている

簡単に違いをあげるとこのような感じです。個人的に選び方としては(ものすごくざっくりですが)
勝ちたい!少しでも有利に!応答速度重視!→TNパネル
ゲームでも綺麗に見たい!画質重視!→IPSパネル
でいいと思います。
VAパネルは良くも悪くも中途半端で、好みが分かれるようです。
24インチクラスでIPSパネルのフルHDで144Hz↑という製品が(少なくとも日本では)存在しません。
ですが湾曲VAパネルで同等製品があるので
「TNパネルの画質はイヤだ!」という方にはオススメです。

ただし、ネイティブ240Hzモニターは現在TNパネルの製品しかありません。。。

モニターのサイズは?
プレイスタイルやデスク環境にもよりますがゲーミングモニターとしては24インチ前後が主流です。
モニターとの距離やドットピッチ、周辺視野などの関係からか特にFPSでは多いようです。
そのほかには、27インチも製品としては多いです。
最近では32インチや(PCゲームに限りますが)ウルトラワイドの29インチ、34インチも増えてきています。

解像度は?
(一部ゲームを除いて)フルHD(1920×1080)以上が主流です。
負荷やドットピッチの面からフルHDが主流で、最近は4Kを選ぶ方も増えています。
WQHD(2560×1440)もありますが、あまり多くはない印象です。
WQHDでリフレッシュレートの高い製品もあるので、画質とリフレッシュレートを両立したい場合にはオススメですね。
(PCゲームに限りますが)ウルトラワイドのUWFHD(2560×1080)やUWQHD(3440×1440)は描写範囲が横へ広がるので面白いです。

機能面はどうなの?
ゲーミングモニターとして欲しい機能は
・暗部を見やすくする機能(FPS向け) ・遅延を軽減させる機能
・応答速度を速くする機能(GtoG 1msにする機能)
最低限欲しい機能はこんなところでしょうか。あったら嬉しい機能としては
・色の濃さを調整できる機能
・黒挿入
・G-SYNC or Free sync
・輪郭をくっきり強調する機能
・ブレ軽減
・HDR
などがあげられると思います。
もちろんこれらはあくまで一例であり、メーカーによって機能や名称などは様々です。
特に画面の見え方はカタログスペックではわからないため、実物を見ていただくことを推奨します。

持て余すのでは...

世の中にはとんでもない製品も存在します。
27インチ4K・144Hz(OC)・G-SYNC・HDR1000という化物スペックのモニターも存在します。しかも量子ドット!
4K・120Hz・G-SYNC・HDR1000(?)・≪65インチ≫という製品も控えてます \(^o^)/オイクラナノ?

※価格は税別金額となります。 2018年06月25日現在の「情報」です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。  
I-O DATA

(税別) ¥33,800 (※最新店頭価格はお問い合わせください)

リフレッシュレート?フレームレート?

今回はゲーマー向けの内容になります。※話がややこしくなりそうな細かい部分は割愛しています
PCゲーマーなら一度は聞いたことのある「リフレッシュレート」や「フレームレート」「FPS(frame per second)」
簡単に違いを説明すると、フレームレートやFPSは『PC側で1秒間に処理が出来ているフレーム数』です。(単位はFPS)
リフレッシュレートは『PC側で処理が出来たフレームをモニターが1秒間に何回書き換えて表示できるかの数値』です。(単位はHz)
そもそも映像とはパラパラ漫画のようになっており、(当たり前ですが)パラパラ漫画のコマ数(フレーム)が多ければ多いほど滑らかに、いわゆるヌルヌルに見えるというわけです。

パネル種類  ADS 液晶パネルサイズ  31.5型ワイド
最大解像度  2560×1440 最大表示色数  10億7374万色 ※10bit入力時
視野角(水平)  178度 視野角(垂直)  178度
ドットピッチ  0.2727mm 応答速度(GTG)  8ms(OD2 4ms)
HDMI端子  3 DisplayPort端子  1
内蔵スピーカー  2.5W+2.5W ステレオミニジャック  φ3.5
VESAマウント対応  100×100mm チルト  上:10° 下:5°
 730mm 奥行(スタンド除く)  180mm(54mm)
高さ(スタンド除く)  486mm(433mm) 重量(スタンド除く)  7.5kg(6.9kg)